【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表

S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのこと。プロのアクティブファンドがこの体たらくです。

またもや「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」とする『ウォール街のランダム・ウォーカー』の論旨を証明してしまいましたね。

つまり…「目隠しをしたサルに新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が注意深く選んだポートフォリオとさほど変わらぬ運用成果を上げられることを意味する…」ということです。

9割が相場に勝てず、米アクティブ運用ファンド S&P調べ

2016/9/16 6:20

【ニューヨーク=伴百江】アクティブ運用ファンドの9割が相場に勝てず――。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは15日、米国の投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表し、こんな結果を明らかにした。大型株、中型株、小型株で運用するそれぞれのファンドの総収益率は、6月末までの1、5、10年間に9割のファンドがS&P500種株価指数、400種、600種の指数の総収益率を下回った。

6月末までの1年間に大型株のアクティブ運用ファンドは85%がS&P500種の総収益率を下回った。5年間では92%、10年間では85%のファンドが指数を下回った。同じような傾向が中型株、小型株のアクティブ運用ファンドでも明らかになった。

株式相場が比較的堅調な相場環境では、わざわざ高い運用手数料を払ってアクティブ運用のファンドに投資するよりも、手数料の低いインデックス・ファンドに投資すれば相場並みの収益を確保できる。

アクティブ運用ファンドの運用成績不振を受け、これらの株式投信からインデックス投信やインデックスに連動する上場投信(ETF)への資金流出が目立っている。アクティブ運用ファンドは、よほどの高い運用成績を確保できなければ投資家離れにつながるだけに、運用担当者にとって大きな試練になっている。

引用:日本経済新聞WEB版

今回のニュースは、インデックスファンドの優位性をまたしても証明してみせたように見えますね。インデックスファンド信奉者は「ほらみたことか!」と高笑いするしていることでしょう。

アクティブ信者VSインデックス信者の戦いは、2016年にはいってもインデックス信者の勝利に終わりそうです。

インデックスファンドの優位性は揺るがないのか?

アクティブVSインデックスの論争は以前からずっと存在します。2014年の日経スタイル(NIKKEI STYLE)においても、同様の記事が掲載されています。

過去10年の年率リターン(運用管理手数料控除後)を比べると、アクティブ型投信が平均で2.1%だったのに対し、日経平均連動型のインデックス投信は平均3.2%、TOPIX連動型は1.8%だった。個別では、日経平均型の平均リターンを上回ったアクティブ型投信は23%で、TOPIX型を上回ったのは53%だ。

引用:NIKKEI STYLE

過去10年間のリターンの比較では、インデック投信がアクティブ投信を上回る結果となっています。

  • 日経平均連動型インデックス投信…平均3.2%
  • アクティブ型投信…平均2.1%

インデックスファンドには夢がない

これらのデータを見れば、アクティブファンドの優位性に疑念を抱かざるを得ないでしょう。ではアクティブファンドに投資することは愚かな行為なのでしょうか?私はそうは思いません。

インデックスファンドへの投資とはそもそも市場平均並みのリターンを得ることを目的としており、それ以上でも以下でもないのです。つまりローリスク・ローリターン。手数料も安く、安定した資産運用に適した金融商品です。

一方のアクティブファンドは、短期的に見れば大きなリターンを得ることができる可能性を秘めています。その点においては投資の醍醐味を体感できる、まさに夢のある投資です。定期的なリバランスを心がければ、高い収益率&安定性も実現可能です。実際に20%を超えるアクティブファンドは存在します。

また効率性の高い市場ではインデックスファンドが強いが、非効率的な市場ではアクティブファンドに優位性があるとも考えられますね。今の日本の市場は、効率的とはいえず、その点においてはアクティブファンドが溜飲を下げる可能性も十分にあるでしょう。

まぁ、ひと言で言えば「インデックスファンドには夢がない」ということです。

 よく読まれている記事

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3
漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

買っていい株 ダメな株 今回(2015年4月25日号)の週刊東洋経済の見出しはインパクトがあります。『特集 買っていい株 ダメな株』というタイトルです。 週刊東洋経済(Amazon…

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 過去に何度も記事にした200億超の投資家です。 伝説の株式投資家cis(資産200億円…

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

【10億円】圧倒的な底値を探り資産10億円を達成して「自由億」へ・・・

【自由億】資産10億円を達成した株トレーダーにつけられる”称号” 最近ネット界隈で「自由億」というフレーズを頻繁に目にするようになりました。 自由億とは「資産10億円を達成した株ト…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資を始めた お笑いピン芸人「ガリガリガリクソン」が株式投資をスタートしたそうです。身長176cm、体重108kgという巨漢のピン芸人で、一時期…

億超えトレーダー
億超えトレーダーが語る「ここまで稼いだ技」

億超えトレーダーの手法を知りたい 別冊SPA!(2015年5月22日発行)に興味深い記事が載っていたので、レビューします。 30代~40代「格差社会を勝ち抜く裏の道」読本 (別冊S…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」です。 彼のブログ・T…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にしました。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投…

株式投資は素人には難しいのか?
「投資は素人には難しい?そんなことはないよ」by ウォーレン・バフェット

一億総老後崩壊社会の到来を目前にして… 日経平均の乱高下が連日ニュースを賑わせています。ネットでは一瞬で大金を失った人や短時間で数十億円の大金を稼いだ人の話でもちきりですね。 これ…

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場。キクチ氏の投資法については以前も記事にしました。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2…

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介します。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志…