【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

 

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表

S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのことだ。プロのアクティブファンドがこの体たらくだ。

またもや「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」とする『ウォール街のランダム・ウォーカー』の論旨を証明してしまった。つまり…「目隠しをしたサルに新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が注意深く選んだポートフォリオとさほど変わらぬ運用成果を上げられることを意味する…」ということだ。

9割が相場に勝てず、米アクティブ運用ファンド S&P調べ

2016/9/16 6:20

【ニューヨーク=伴百江】アクティブ運用ファンドの9割が相場に勝てず――。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは15日、米国の投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表し、こんな結果を明らかにした。大型株、中型株、小型株で運用するそれぞれのファンドの総収益率は、6月末までの1、5、10年間に9割のファンドがS&P500種株価指数、400種、600種の指数の総収益率を下回った。

6月末までの1年間に大型株のアクティブ運用ファンドは85%がS&P500種の総収益率を下回った。5年間では92%、10年間では85%のファンドが指数を下回った。同じような傾向が中型株、小型株のアクティブ運用ファンドでも明らかになった。

株式相場が比較的堅調な相場環境では、わざわざ高い運用手数料を払ってアクティブ運用のファンドに投資するよりも、手数料の低いインデックス・ファンドに投資すれば相場並みの収益を確保できる。

アクティブ運用ファンドの運用成績不振を受け、これらの株式投信からインデックス投信やインデックスに連動する上場投信(ETF)への資金流出が目立っている。アクティブ運用ファンドは、よほどの高い運用成績を確保できなければ投資家離れにつながるだけに、運用担当者にとって大きな試練になっている。

引用:日本経済新聞WEB版

今回のニュースは、インデックスファンドの優位性をまたしても証明してみせたように見える。インデックスファンド信奉者は「ほらみたことか!」と高笑いするしていることだろう。

アクティブ信者VSインデックス信者の戦いは、2016年にはいってもインデックス信者の勝利に終わりそうだ。

インデックスファンドの優位性は揺るがないのか?

アクティブVSインデックスの論争は以前からずっと存在する。2014年の日経スタイル(NIKKEI STYLE)においても、同様の記事が掲載されている。

過去10年の年率リターン(運用管理手数料控除後)を比べると、アクティブ型投信が平均で2.1%だったのに対し、日経平均連動型のインデックス投信は平均3.2%、TOPIX連動型は1.8%だった。個別では、日経平均型の平均リターンを上回ったアクティブ型投信は23%で、TOPIX型を上回ったのは53%だ。

引用:NIKKEI STYLE

過去10年間のリターンの比較では、インデック投信がアクティブ投信を上回る結果となっている。

  • 日経平均連動型インデックス投信…平均3.2%
  • アクティブ型投信…平均2.1%

インデックスファンドには夢がない

これらのデータを見れば、アクティブファンドの優位性に疑念を抱かざるを得ないだろう。ではアクティブファンドに投資することは愚かな行為なのだろうか?私はそうは思わない。

インデックスファンドへの投資とはそもそも市場平均並みのリターンを得ることを目的としており、それ以上でも以下でもない。つまりローリスク・ローリターンだ。手数料も安く、安定した資産運用に適した金融商品だ。

一方のアクティブファンドは、短期的に見れば大きなリターンを得ることができる可能性を秘めている。その点においては投資の醍醐味を体感できる。まさに夢のある投資だ。定期的なリバランスを心がければ、高い収益率&安定性も実現可能だ。実際に20%を超えるアクティブファンドは存在するのだ。

また効率性の高い市場ではインデックスファンドが強いが、非効率的な市場ではアクティブファンドに優位性があるとも考えられる。今の日本の市場は、効率的とはいえず、その点においてはアクティブファンドが溜飲を下げる可能性も十分にあるだろう。

まぁひと言で言えば「インデックスファンドには夢がない」ということなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

金の投資詐欺で被害総額6億円超 NHKニュースで金の投資詐欺事件が報じられている。260名から総額6億円以上をだまし取っていた詐欺事件だ。 金の投資話で詐欺容疑6人逮捕 金の延べ板を分割払いで販売すると、うその投資話をも […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした億り人、現る やはり株は成功すると大きい。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいる。堀哲也氏だ。 彼は株式投資によって1500万円まで資金を増やしたのだが […]

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」だ。 彼のブログ・Twitterはこちら。 The Goal( […]

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にした。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・ 当初は(ネタか?) […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせている。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビューに対する個人情報開示請求の”是非” 20 […]

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年だ。2005年までは毎年発表されていた。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)に基づいた高額納税者番付である。長者番付が廃止 […]

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?
資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは? 年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を築き、年間配当収入300万円を実現したと […]

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介したい。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志氏は、楽天証券が提供するマーケットレポー […]

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は […]

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録した。前日比1343円43銭(7.71%)高だ。今回の爆上げは、個人投資家をあざ笑うかのごとくだ。予測することがバカバカしく […]

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額だ。なんと800万ドル(当時の円換算で9億5000万円)もの資産が見つかったのだ。 […]

10月4日は投資の日だって知ってた?
10月4日は投資の日だって知ってた?

10月4日は投資(10+4)の日だって知ってた? 先日、10月4日は投資の日(語呂合わせ)だとして、日本証券業協会が投資キャンペーンをおこなった。以下は東京MXTVのニュースだ。 ニュース記事書き起こしはこちら。 きょう […]