「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

 

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。

ラップ口座とは、個人投資家が金融機関(証券会社や信託銀行)に資金運用を一任するパッケージングサービスだ。ラップ口座を契約すれば、資産運用から管理まで様々なサービスを受けることができる。

ラップ口座の「ラップ」は、ラッピングのラップだ。つまり「包む」という意味。あらゆる資産管理を金融機関に丸投げし、完全に任せてしまうことができる。もともとは富裕層向けのサービスだったのだが、それを小口化、つまり少額の資金(300万円〜500万円)からも利用できる「小口ラップ口座」がスタートしたことで、裾野が一気に広がった。マネックス証券のラップ口座「MSV LIFE」の最低運用金額は1万円だ。

「小口ラップ口座」が本格始動することで、いよいよ個人の預金もターゲットにされることになる。

プロに一任=判断放棄

プロに運用を一任するラップ口座は便利そうに見えるが、ラップ口座運用に否定的な金融専門家も多い。最大の理由は、投資判断の放棄につながるからだ。そもそも投資はリスクとリターンバランスを各人で判断し大切な資金を運用するものだ。そのためには自ら金融商品について学び、リスクリワードを考えるなど、金融リテラシーの向上が欠かせない。

一方のラップ口座は、いわば投資のプロに一任することだ。丸投げである。金融機関は自分たちのお金ではないのでそれらが減っても痛くも痒くもない。しょせん他人の金だ。それでも手数料(年率2%前後)だけはしっかり徴収される。金融機関にとってラップ口座顧客はいいカモということだ。

金融機関のあの手この手に騙されるな

そもそも金融機関がこれまでに販売してきた金融商品で、まともなものはほとんどない。中には元本割れを起こして被害を拡大させ社会問題化した金融商品も少なくない。分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)で紹介した「日経平均リンク債」などもその一つだ。

経済評論家の山崎元氏も以下のように述べている。

はっきり言おう。現在、大手の金融機関で注力しているラップ口座での運用はやめた方がいい。

引用:ラップ口座が明らかにダメな4つの理由

山崎元氏が述べるラップ口座運用のリスクとは以下の4つだ。

  1. 運用の判断放棄は危険
  2. 金融機関は「適切なリスク」を判断できない
  3. 手数料水準が高すぎる
  4. 手数料の高い運用商品が選ばれるリスク

ゆうちょ銀行の窓口の女性が放ったひと言

金融機関はあの手この手であなたの虎の子を狙ってくる。あのゆうちょ銀行ですら、だ。

先日ゆうちょ銀行で税金を支払う機会があった。窓口の行員が通帳を私に返しつつ「お口座にあるお金ですけど、もっと有利な運用されてみてはいかがですか?」と勧誘してきたのには正直驚いた。口座に残っていた金額は100万円程度だ。

マニュアル通りの営業トークとはいえ、あのゆうちょ銀行ですら積極的に金融商品を買わせようとするその貪欲さに、若干気圧されてしまった。

おそらくゆうちょ銀行では高齢者を軒並み勧誘しているのだろう。(ゆうちょ銀行なら大丈夫)などと根拠のない判断で、多くの高齢者が話に載ってしまうのではないだろうか?

怖い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えした。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出したというニュースだ。テロもしくは金融ショッ […]

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年だ。2005年までは毎年発表されていた。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)に基づいた高額納税者番付である。長者番付が廃止 […]

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いだろう。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディアが騒いでいたが、そもそも松居一代さんの […]

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻する」と言われ続けているのに、いまだに破綻 […]

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介したい。 32歳とテロップがでているので、 […]

投資で儲けたいなら”勉強”するな
投資で儲けたいなら”勉強”するな

投資で儲けたいなら”勉強”するな 漫画『インベスターZ』の作者である三田紀房さんが面白いことを語っている。インベスターZとはモーニングで連載中の投資漫画だ。 漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは? その作者である三田 […]

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は […]

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べていた。 「投資」と「投機」の違いは何か?ということだ。さらにいえば、「投 […]

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

金の投資詐欺で被害総額6億円超 NHKニュースで金の投資詐欺事件が報じられている。260名から総額6億円以上をだまし取っていた詐欺事件だ。 金の投資話で詐欺容疑6人逮捕 金の延べ板を分割払いで販売すると、うその投資話をも […]

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知だろうか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロス? 実はこの言葉を発したのはミュージ […]

分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)
分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)

分散投資で「億り人」へ NIKKEI STYLEに分散投資で1億円を達成した46歳の主婦がピックアップされていた。「日経ヴェリタス」のコラム”七転び八起き”にて掲載されている記事だ。 ももあゆさん(46歳)一児の母だ。1 […]

7step株式投資メソッド
相場師朗氏による投資セミナーのお知らせ

相場師朗氏による投資セミナーが開催される 7step株式投資メソッドの開発者である相場師朗氏による投資セミナーが東京都内で開催される。セミナーの詳細は以下のとおりだ。 開催日:2015年6月21日(日)13:00~17: […]