資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

   2017/07/09

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を築き、年間配当収入300万円を実現したと聞いて、あなたはどう思うだろうか?

まさに株ドリームだ。

彼の名は立川一さん。2004年から投資を始めた立川さんは13年間で1億5000万円の資産を構築することに成功した。それだけでなく、年間配当収入も300万円あるのだ。

元手はトータル4000万円ということなので、それなりに資金を注ぎ込んできたといえるが、それでも300万円の配当収入は預貯金だけでは不可能な額だ。

立川一さんはブログやTwitterで情報発信されているので、興味のある方はぜひ見てほしい。

2004年から株式投資を始めた立川一さんの年別パフォーマンスがこちらだ。

2004年  -15%
2005年  +108%
2006年  -32%(+86%)
2007年  +15%(+1%)
2008年  -37%(+159%)
2009年  +10%(+17%)
2010年  +23%(+10%)
2011年  +13%(+5%)
2012年  +47%(+21%)
2013年  +88%(+37%)
2014年  +27%(+31%)
2015年  +7%(+20%)
2016年  -6%(+15%)

※括弧内は受取配当金の前年比。

引用:「Value Investment since 2004」

安定し始めたのは2009年以降であることがわかる。アベノミクス相場にも上手く乗れたようで2010年以降大きくパフォーマンスが向上している。

成功のカギは「増配銘柄への投資」

立川一さん曰く、投資成功のカギは「増配銘柄への投資」であるのこと。

財務や会計の知識もなく、業界動向に詳しくもない私が、なぜ投資歴13年でそれなりの資産を築くことができたのか。なぜ年間300万円もの配当金を受け取れるようになったのか。

それは、「増配する上場企業への投資」こそが、手間が少なくリスクも比較的小さく、しかしながら資産形成手段として理にかなっていることを発見したことに尽きます。

引用:ザイオンライン「年収500万円以下のサラリーマンが、投資歴13年で資産1億5000万円、年間配当収入300万円を実現!成功のカギは「増配銘柄への投資」を発見したこと!」

タネ銭を作るために節約をし、定期的に資金を追加しながら配当金の受取額を増加させることに注力した結果、短期間で年間300万円もの年間配当収入を手に入れることができたのだ。なおかつ1億5000万円もの資産を構築することに成功した。

増配銘柄投資は「部屋が勝手に増えるアパートを保有しているようなもの」

立川一さんは増配銘柄への投資を次のように例えている。

増配する銘柄に投資するのは、「部屋が勝手に増えるアパートを保有しているようなもの」

サラリーマン投資家だからこそ最小限のリスクと手間で投資せざるをえない。そこで突き詰めた手法が”増配銘柄への集中投資”というわけだ。

まさに「お金に働いてもらう」を地で行く投資家だ。

投資ルールは極めてシンプル。「連続増配している銘柄を買う」というもの。高配当銘柄を狙うのではなく、増配を繰り返している銘柄を買うのだ。

増配とは配当額を年々増やし続けているということ。立川さんが考える目安としては年20%の割合で配当額を増やしている銘柄とのことだ。

もう一つの選択ルールとして、毎年増収増益を達成し続けている銘柄を選ぶという点もある。

つまり・・・

  1. 年20%以上の増配を継続している銘柄
  2. 増収増益を続けている銘柄

この2点をクリアする銘柄を選定することが「立川式投資術」のポイントといえる。

草野球レベルの投資家がプロと互角に戦うための戦略

立川一さんの増配銘柄への投資テクニックは、まさに草野球レベルの個人投資家がプロと互角に張り合い生き残るための強力な武器だ。リスクを抑え、限られた時間と資金で淡々と投資をおこなう手法、それが「増配銘柄への投資」だ。

気になる方は立川さんのブログやTwitterをフォローされてみてはいかがだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める
自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険だ 竹中平蔵氏が「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と述べていた。言われてみればすごく当たり前のことだが、妙に腑に落ちる言葉だ。 竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済 […]

天才トレーダーBNF
”BNF”の手法を1時間で理解する〜BNF動画を時系列に並べてみたら彼の投資スタイルが見えてきた!

BNFの映像を時系列に並べてみたくなった 言わずと知れた天才トレーダーBNF。 最近はメディアに出ることも少なくなってきたが、個人投資家の間では、いまなお天才投資家として語り継がれているBNF。そして株式投資を始めれば、 […]

成長株投資
20代後半で資産1億円達成したダル♪氏の投資手法とは?

20代後半トレーダー「ダル♪氏」が1億円を稼いだ手法を解説 5年で億超えトレーダーの仲間入り 億超えトレーダーの続編だ。別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」から、今回は20代後半の専業トレーダー […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした億り人、現る やはり株は成功すると大きい。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいる。堀哲也氏だ。 彼は株式投資によって1500万円まで資金を増やしたのだが […]

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年だ。2005年までは毎年発表されていた。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)に基づいた高額納税者番付である。長者番付が廃止 […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせている。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビューに対する個人情報開示請求の”是非” 20 […]

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は […]

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いだろう。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディアが騒いでいたが、そもそも松居一代さんの […]

ドイツ銀行破綻危機
「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」

ドイツがおかしい ドイツで何かが進行しつつある。 先月8月22日に、ドイツ政府が全国民に「10日間の食料」「5日分の水」そして「現金」を備蓄することを推奨する民間防衛計画を発表したのだ。 8月21日、ドイツの大手紙『フラ […]

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介したい。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志氏は、楽天証券が提供するマーケットレポー […]

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額だ。なんと800万ドル(当時の円換算で9億5000万円)もの資産が見つかったのだ。 […]

配偶者控除が廃止された日本で起こること
配偶者控除が廃止された日本で起こること

103万円の壁は撤廃されるのか? 配偶者控除廃止に関する議論が日に日に高まっている。配偶者控除とは、扶養されている妻が無収入であったりパートで働いている状況で、妻の年収が103万円以下の場合に、夫が所得から控除できる税制 […]