ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

 

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」

ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。

バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は756億ドルだ。

そんなバフェット氏がヘッジファンドに悪態をついている。

バフェット氏のヘッジファンド批判「ドブに捨てるようなもの」

「オマハの賢人」との異名をとる、世界最大の米投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)のウォーレン・バフェット氏(86)は2月25日、同社株主に宛てた毎年恒例の書簡を公表し、「大したリターンも生み出さないのに、手数料だけはバカ高いヘッジファンド」に対する猛批判を展開して、注目された。

引用:ZUUonline

批判の対象となっている「ヘッジファンド」とは、複雑な手法であらゆる相場環境において(相場が上がっても下がっても)利益を生み出そうとする絶対収益を追求する運用方法のことだ。お金持ちや機関投資家を顧客に持ち、動かすお金も莫大だ。

そんなヘッジファンドを「過去10年間で、投資家たちは手数料が高く、リターンの低いヘッジファンドに対する手数料の支払いで、推定1000億ドルをどぶに捨てた」とバフェットは辛辣に批判したのだ。

その一方でバフェット氏は、インデックス投資の優位性に対する以下のような見解を示している。

市場平均と同程度の運用成績を目標とした投資スタイルであるパッシブ運用が、一般投資家には向いている

(中略)

バークシャー・ハサウェイの運用戦略も、そうした低コストで質素な「インデックス投資」に沿っており、「他の運用戦略よりも、はるかに良い選択肢だ」と述べた。

インデックスvsアクティブ

インデックス投資とアクティブ投資は常に比較される運命にある。歴史を振り返れば、たしかに米国ではインデックス投資が安定した収益を生み出していることがわかる。

一方のアクティブ投資が、市場平均を上回り続けることの困難さも、明確に証明されていることも事実だ。バイ・アンド・ホールド(長期投資)が基本であるインデックス投資は、まさに経済成長に投資をしているようなものだ。長期的に成長が期待されるのであれば、インデックス投資をおこなうメリットは十分にある。

しかしながら現在の日本においては、経済そのものが停滞している。少子高齢化がかつてないほどの勢いで進み、日本そのものが衰退の一途を辿っているなかで、日本株のインデックスに投資をするという行為は、泥舟に乗り込むようなものだ。

実際にバブル崩壊以降、日経平均は一度たりとも当時の最高値(38,957円44銭/1989年12月29日の大納会)を更新していないのだ。

インデックス投資の優位性を説くアナリストに騙されてはいけない。アメリカ経済と日本経済を混同してはいけないのだ。

日本以外の先進国のインデックスに投資するか、日本国内でアクティブ投資するか

ではどうするか?

1つは、思い切って「世界」に投資することだ。先進国(アメリカなど)を始めとする世界経済全体の株式に投資をすれば、経済成長の恩恵にあずかることができる。

以前紹介した「50%以上の確率で億万長者になる方法」もその一つだ。

【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

そしてもう一つはリスクテイクして、日本国内でアクティブ投資をおこなうという選択だ。短期間で億を目指すことも不可能ではない。その一方であなたの資産を大きく毀損してしまうリスクも大きい。

少なくとも日本株のインデックス投資に未来はないのだから、日本株で勝負するならばアクティブ投資をおこなう他に道はない。身も蓋もない話だが、これが現実だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2
【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表 S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのことだ。プロのアクティブファンドがこの体たらくだ。 またもや「アクティブファ […]

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べていた。 「投資」と「投機」の違いは何か?ということだ。さらにいえば、「投 […]

株式投資は素人には難しいのか?
「投資は素人には難しい?そんなことはないよ」by ウォーレン・バフェット

一億総老後崩壊社会の到来を目前にして… 日経平均の乱高下が連日ニュースを賑わせている。ネットでは、一瞬で大金を失った人や短時間で数十億円の大金を稼いだ人の話でもちきりだ。 これらのニュースや情報で、新たに株式投資に興味を […]

資産200億円投資家cisに迫る
伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失 数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された cis氏をご存知だろうか。200億円投資家であり、たびたびネットやメディアを賑わせてきた神トレー […]

【動画あり】天才個人投資家cis・BNFと北尾吉孝氏との対談からわかる”個人トレーダーの過酷な世界”

個人投資家cis・BNFとSBIホールディングスCEO北尾吉孝氏の対談 最近ホリエモンが北尾吉孝氏をディスって話題になった。 「こいつマジサイコパスなんじゃね?」 「こいつを尊敬してるとか言ってるやつ全員頭おかしい」 ホ […]

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、61,560円だ。 出典:家計調査報告(家 […]

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている
「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている 最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。 ラップ口座、陰る成長 運用苦戦で細る資金流入 ラップ口座残高4年ぶり減 6月末 金融機関があなたにラップ口座を勧める理由 […]

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップだ。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的だ。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキングなタイトルが踊る。 週刊東洋経済(8/2 […]

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知だろうか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロス? 実はこの言葉を発したのはミュージ […]

株式投資の理論と実践
日本株式市場で総資産1億円達成!!!

【完全版】日本株式市場で総資産1億円達成!!! 2ちゃんねるで最近話題になっている、あるブログ(記事)を紹介したい。 【完全版】『日本株式市場で総資産1億円達成!!!』というFC2ブログの記事だ。 【完全版】『日本株式市 […]

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録した。前日比1343円43銭(7.71%)高だ。今回の爆上げは、個人投資家をあざ笑うかのごとくだ。予測することがバカバカしく […]

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額だ。なんと800万ドル(当時の円換算で9億5000万円)もの資産が見つかったのだ。 […]