《完全無料》18ヶ月無敗投資 『日経ドカン!』【検証レビュー】

≪完全無料≫18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】検証レビュー

≪完全無料≫18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】検証レビュー

C評価

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』検証とレビュー

『即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信』の兄弟版ともいえる商材の登場です。その名も『日経ドカン!』

前作『株ドカン!』についての詳細レビューはこちらです。

今回の『日経ドカン!』はその名の通り、日経オプション取引をメインとした投資情報配信サービスです。

日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】
販売元:ヘッジファンドバンキング株式会社
発売日:2016/09/28
メディア:シグナル配信
公式サイト:http://n-dokan.net/top/

販売元は『株ドカン』を販売する「ヘッジファンドバンキング株式会社」。

『株ドカン』は、波がありつつも堅調な成績を残していますが、今回の『日経ドカン!』はどうでしょうか?気になりますね。

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』とは?

 日経平均先物・株の推奨銘柄を情報配信(月額制)

『日経ドカン!』は月額制の情報配信サービスです。

毎月、一定の利用料(29,800円〜)を支払うことで、定期的に投資情報を受け取る事ができます。その情報を基に投資をおこないます。いわゆる”投資助言サービス”の1つです。コースは3コース用意されています。

  • 1ヶ月コース(29,800円/月)
  • 6ヶ月コース(149,800円/半年)
  • 12ヶ月コース(298,000円/年)

国から正式に許可を得た投資助言・代理業者(ヘッジファンドバンキング株式会社)による、真っ当なサービスです。

  • 登録番号 関東財務局長(金商)第2747号

とはいえ、前作『株ドカン』からもわかるようにヘッジファンドバンキング株式会社は投資顧問業よりも、情報商材販売に力を入れている異色の投資助言代理業者といえます。

売買判断を行う「立山晃一」「佐々木悠介」とは?

投資シグナルのベースとなる売買判断を行っているのは「立山晃一」氏と「佐々木悠介」氏。

立山晃一氏のプロフィールは次のとおり。

700名以上の一般投資家を稼がせてきた実績。前代未聞の18か月連続勝利を達成させた、若き天才トレーダー
海外投資銀行の代表や、上場企業の社長、ヘッジファンドマネージャーたちからの信頼もあつい。
投資業界では、これからの時代を作っていく若き才能と、資金を1回の取引で数倍にする日経オプション取引に定評がある。

佐々木悠介氏のプロフィールはこちら。

立山氏とともに700名以上の一般投資家を稼がせてきた実績。
18ヶ月連続勝利を収めた、日経オプション取引をベースに、人工知能を活用した、株式投資の個別銘柄取引法を確率。
株式投資だけで、過去平均20%の月利を達成継続中。
立山氏と並び、業界を牽引する天才トレーダーとして、多くの金融業界のプロたちに期待されている1人。

なかなか凄そうなフレーズが並んでいますが、具体的なものはなにもなく、すべて漠然としています。自称「天才トレーダー」という言葉に鼻白むのは私だけではないでしょう。シグナル配信なので、どれほど御託(ごたく)を並べても、実績が全てです。

実はこのお二人、過去にも日経225取引の情報商材販売に携わっていたことがあります。『月1ボーナスオプションアカデミー』(現在は販売終了)という商材です。3ヶ月間の高額スクール(198,000円)であり、日経225オプション手法をオンラインで学ぶ塾でした。

彼らがヘッジファンドバンキング株式会社に拾われたのか?それとも彼らが売り込んだのか?そのあたりは不明ですが、投資助言代理業者という強力なバックボーンを得たことで、胡散臭さが多少なりとも緩和されたように見えるかもしれません。

日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】
販売元:ヘッジファンドバンキング株式会社
発売日:2016/09/28
メディア:シグナル配信
公式サイト:http://n-dokan.net/top/

『日経ドカン!』で配信される情報は「3つ」

『日経ドカン!』で毎月配信される情報は3つあります。

  1. 推奨株式銘柄の情報(週1回)
  2. 日経225オプションのシグナル(月1回〜)
  3. 特別情報(3ヶ月に1回程度)

情報は「LINE」や「メール」で配信されます。以下、詳しく見ていきます。

1.推奨株式銘柄情報(週1回)

国内3530銘柄から、推奨銘柄を厳選して、週に1回配信されます。

推奨銘柄を選出するためにAI(投資人工知能)を使っているとのことですが、このあたりは眉唾ですね。たんなるテクニカル分析を自動化したものかもしれません。さらに立山・佐々木コンビ(天才投資家?)がファンダメンタル分析によって振るいにかけた銘柄のみを、1週間に1回、メール配信してくれます。

目標月利は、一応20%とされています。

2.日経225オプションシグナル(月1回〜)

日経225オプションの取引シグナルが、月に1回配信されます。

日経225先物ではなく、日経225「オプション」の取引シグナルです。日経225オプション取引ってなに?という人は、以下の動画がオススメです。JPX(大阪取引所)の公式解説動画です。

初めて日経225オプション取引に触れる人にとっては、少々難解かもしれません。

『日経ドカン!』では過去に18ヶ月間無敗という記録を打ち立てているほど、このシグナル配信には強い自信を持っているようですね。

3.日経225楽園シグナル(3ヶ月に1回前後)

日経225楽園シグナルと名付けられた「特別」なシグナルです。

世界情勢に大きな変動があったときなど、確実に相場に変化が起きるとわかっている時に限定して、特別に配信されるシグナル(日経225オプションのシグナル)です。

わずか1回の取引で大きな利益を得るビッグチャンスとなります。とはいえ、めったに配信されないので、数ヶ月程度でサービスを退会してしまうと、その恩恵にあずかることはできない可能性もあります。

初心者をサポートするための各種オプションを用意

『日経ドカン!』のメインサービスは、先に上げた3種類の情報配信です。それ以外に、会員専用サイトで様々なサービスが提供されています。

■ 動画・PDF教材

初心者のための動画マニュアルが14本、用意されていて、いつでも視聴可能です。その他に取引技術を学ぶためのPDFテキストや、口座開設マニュアルなども提供されています。

■ 無制限サポートサービス

メール・電話・LINEでの無制限サポートが提供されています。電話は平日の10時〜17時で受け付けています。

■ セミナー開催(参加権利)

2ヶ月に1回程度の割合で、会員限定の特別セミナーが開催されています。

14日間の無料お試し期間がある『日経ドカン!』

前作『株ドカン』と同様に、『日経ドカン!』も14日間(2週間)の無料お試し期間が提供されています。この無料お試し期間ですが、利用できるのは一人1回までです。再入会する場合は適用外となるので注意が必要です。

2週間の「無料」お試し期間が終了する際に、次の4つの中から自分で選択をすることになります。

  • そのまま退会する(費用は一切発生しません)
  • 1ヶ月コースを選択する(29,800円/月)
  • 6ヶ月コースを選択する(149,800円/6ヶ月)
  • 12ヶ月コースを選択する(298,000円/年)
  • ※全て税込価格

2週間の「無料」お試し終了時に、そのまま「退会」を選択すれば、費用は1円も発生しません。継続したい場合は、「1ヶ月」「6ヶ月」「1年」コースから希望のコースを選択することになります。

長期コース(6ヶ月、1年)のお得度は以下の通り。1ヶ月コース(29,800円)を基準とすると…

  • 6ヶ月コース…1ヶ月コース ✕ 6回よりも、29,000円お得
  • 1年コース…1ヶ月コース ✕ 12回よりも、59,600円お得

長期で申し込むことでお得度が増すような価格設定となっていますね。

自動更新に注意する

無料期間終了後に、「1ヶ月」「6ヶ月」「1年」コースを選択する場合は、自動更新に注意する必要があります。

自動更新とは、契約期間満了の15日前までユーザーから解約申出をしなければ、契約期間同期間自動延長されるというルールです。

仮に「1ヶ月コース」を選択すると、開始2週間で、翌月も継続するのか解約するのかを決める必要があるということです。解約するつもりが、うっかり忘れてしまうと、1ヶ月分が自動更新されてしまいます。

クーリングオフが使えるが…

『日経ドカン!』サービスは、いわゆる投資顧問契約となるので、クーリングオフの対象となります。つまり、契約締結したとしても10日間であれば、投資顧問契約の解除ができるわけです。

とはいえ、無料お試し期間に申し込みした時点で、投資顧問契約を締結したことになりますので、クーリングオフには意味がありません。クーリングオフ期間(10日間)よりも、販売者が設定している無料お試し期間(14日間)が長いからです。

仮に1月1日に、『日経ドカン!』の無料お試しに申し込むと…

  • 1月  1日 投資顧問契約締結+無料お試し期間スタート
  • 1月10日 クーリングオフ期間が終了
  • 1月14日 無料お試し期間が終了

1月1日に無料お試し期間に申し込むと同時に、以下のように「契約締結時交付書面」がメールで届きます。

契約締結時交付書面
(この書面は、金融商品取引法第37条の3の規定によりお客様にお渡しする書面です。)
ヘッジファンドバンキング株式会社

(中略)

2 投資顧問契約概要
(1)投資顧問契約は、有価証券等価値等分析に基づく投資判断をお客様に助言する契約です。
(2)当社助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社助言は、お客様を拘束するもではなく、有価証券等売買を強制するもではありません。売買結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。

3 当該金融商品取引契約成立

2018年1月1日

ごらんの通り、「契約締結時交付書面」内の契約成立年月日が、無料お試し申込時の日時となっているのがわかりますね。

10日間のクーリングオフ期間よりも、販売会社が定める14日間の無料お試し期間が長いため、クーリングオフは気にしなくても問題ありません。14日以内であれば、1円のコストも払うことなく、退会することが可能です。

日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】
販売元:ヘッジファンドバンキング株式会社
発売日:2016/09/28
メディア:シグナル配信
公式サイト:http://n-dokan.net/top/

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』の欠点

まず『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.14日の無料お試し期間で”優位性”を判断できるかどうか疑問

お試し期間が用意されているとはいえ、その期間はわずか14日間です。

この14日間で、『日経ドカン!』のシグナルの優位性を確認することは、ほぼ不可能といえます。2週間で受け取ることのできるシグナルは多くても数回程度です。

優位性を確認するための期間ではなく、雰囲気を感じ取るための期間と認識したほうがしっくり来ますね。

2.株式の個別銘柄を狙うなら『株ドカン』の方がオススメ

『日経ドカン!』では株式銘柄の配信も行っていますが、頻度は週に1回程度です。力の入れ具合からして、日経225オプションがメイン(月1回〜配信)に感じます。

株式の個別銘柄をメインで取引したいならば、やはり『株ドカン』のほうがおすすめできます。

日経225オプションを取引したいならば『日経ドカン!』。個別銘柄(株式投資)を取引したいならば『株ドカン』を選択することをオススメします。

3.日経225オプション取引は、初心者にはややハードルが高い

『日経ドカン!』は日経225オプション取引を中心とした配信サービスです。この日経225オプション取引は、初心者がいきなり始めるにはややハードルの高い金融商品です。

まったく初めての人は、まず日経225オプション取引がどういったものなのか?どのようなリスクがあるのか?しっかりと調べた上で取り組むことをオススメします。

オプション取引を本気で始めたいならば、デモトレードを試してみることをオススメします。JPXが提供している「OSE先物・オプション シミュレーター」でデモトレードを無料体験することができます。

デモトレードをすることで、日経225オプションという金融商品の特徴やリスクについて詳しく学ぶことができます。

4.他力本願では、本当のスキルは身につかない

『日経ドカン!』や『株ドカン』は、他人のスキルにお金を払うサービスです。ただ単に送られてくるシグナルを盲目的に信じて投資しているだけでは、自分の投資スキルは少しも向上しません。

シグナル(情報)の裏にある思考を学ぶクセを付けなければ、いつまでたっても他人だよりの投資から抜け出すことができません。

毎日配信される市況分析メールやフォローアップメールで、配信者による解説(銘柄選定の理由や、仕掛けの根拠)を読み、自分でもその思考をなぞるようにするクセを付けることで、プロの投資戦略をトレースすることができるようになります。

配信サービスは、そのように活用すべきです。

商材の欠点
  1. 14日の無料お試し期間で優位性を判断できるかどうか疑問
  2. 株式の個別銘柄を狙うなら『株ドカン』の方がオススメ
  3. 日経225オプション取引は、初心者にはややハードルが高い
  4. 他力本願では、本当のスキルは身につかない

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』の評価点

次に『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』の評価できるポイントを解説します。

1.提供が「投資助言代理業者」であるということ

『日経ドカン!』のサービス元は、投資助言代理業者(金融商品取引業者)であり、国から認可(登録済み)を得た会社です。

投資助言代理業者は金融商品取引法によって、その活動範囲が定められ、勧誘方法などにおいても法律で細かく規定が定められています。嘘や誇張、不当なサービス提供などは、やりづらいわけですね。

わけの分からない情報商材屋とは、大きく異る点でもあります。安心してサービス提供を受けることが可能です。

2.毎日届く「市況分析メール」で投資戦略をトレースする

『日経ドカン!』に登録すると、『株ドカン』同様に毎日メールが届きます。いわゆる市況分析メールです。その他、配信済み銘柄のフォローアップメールも届きますので、それらのメールをもとにして、自身で投資戦略をトレースし、投資スキルの向上に役立てることができます。

商材の良点

  1. 提供が「投資助言代理業者」であるということ
  2. 毎日届く「市況分析メール」で投資戦略をトレースする

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』総合評価

C評価

【結論】シグナル配信サービスに過度な期待は”禁物”
そもそも日経225オプション取引は、初心者にはハードルの高い投資だ
なぜ日経225オプション取引をしたいのか?明確に回答できないならば、シンプルな個別銘柄投資(株式投資)をおすすめする
そし株式投資のシグナル配信ならば実績を残している『株ドカン』がベターだ

実績に定評のある『株ドカン』と比べると、やや優位性に疑問を感じざるを得ない『日経ドカン!』

そもそも「日経225オプション取引」は、リスクの高い投資であり初心者向けではありません。なぜ「日経225オプション取引」を選択するのか?その明確な根拠を持っていない限りは、オススメしません。

「日経225オプション取引」に興味があって、取り組みたいという意欲があるのでしたら、まずはデモトレードを試してみてはいかがでしょうか?無料でデモトレードを体験できるサービスが「OSE先物・オプション シミュレーター公式サイト」です。デモトレードで、リスクや特性を理解してから始めても決して遅くはありません。

初心者が、シグナル配信サービスにあまり期待しすぎるのも危険です。また、個別銘柄のシグナル配信であれば、まず『株ドカン』を選択することが賢明といえます。

商材の良点
  1. 提供が「投資助言代理業者」であるということ
  2. 毎日届く「市況分析メール」で投資戦略をトレースする
商材の欠点
  1. 14日の無料お試し期間で優位性を判断できるかどうか疑問
  2. 株式の個別銘柄を狙うなら『株ドカン』の方がオススメ
  3. 日経225オプション取引は、初心者にはややハードルが高い
  4. 他力本願では、本当のスキルは身につかない

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』を購入するべき人

  • 日経225オプション取引に興味のある人
  • 日経225オプション取引のリスクを十分に理解している人
  • 投資助言代理業者のサービスに安心感を感じる人

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』を購入してはいけない人

  • 日経225オプション取引に興味を持てない人
  • 株式投資に集中したい人(『株ドカン』がおすすめ)
日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】
販売元:ヘッジファンドバンキング株式会社
発売日:2016/09/28
メディア:シグナル配信
公式サイト:http://n-dokan.net/top/

 よく読まれている記事

菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾【購入レビュー】

『菅原式日経225先物デイトレード塾』購入レビュー 日経225先物のオンラインスクールをリリース 日経225先物の情報商材を専門に販売している「菅原弘二」氏。彼がこれまでにリリース…

ZONE~NEW WORLD~
ZONE~NEW WORLD~【購入レビュー】

「ZONE~NEW WORLD~」検証とレビュー 日経225先物取引のための投資マニュアル 「ZONE~NEW WORLD~」は日経225先物に特化した投資ノウハウです。 ZONE…

トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)検証レビュー
トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)と日経225先物取引

トレードサイン生成ツールAlchemy トレードサイン生成ツールAlchemyは日経225先物取引専用のシグナルツールです。ちなみにAlchemy(アルケミー)とは、”錬金術”とい…

スーパースキャルピング225
スーパースキャルピング225【購入レビュー】

『スーパースキャルピング225』購入レビュー 日経225mini(ミニ)専用の”MetaTrader4サインツール”だ 『スーパースキャルピング225』は、日経225先物(ミニ)取…