菅原式日経225先物デイトレード塾【購入レビュー】

菅原式日経225先物デイトレード塾【購入レビュー】

菅原式日経225先物デイトレード塾【購入レビュー】

C評価

『菅原式日経225先物デイトレード塾』購入レビュー

日経225先物のオンラインスクールをリリース

日経225先物の情報商材を専門に販売している「菅原弘二」氏。彼がこれまでにリリースしてきた商材は次のとおりです。

『ZONE~NEW WORLD~』は当ブログでも購入レビューしました。

今回レビューする商材は、「菅原弘二」氏による日経225先物のオンラインスクールです。

菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾
販売元:菅原 弘二
発売日:2016/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://best-investment.biz/

これまで一度も公的な実績を公開したことがない「菅原弘二」氏

「菅原弘二」氏の日経225先物商材には一定のパターンがあります。それは、裏付けされた実績がほとんど公開されていないという点です。さらにフォワード実績に関しては皆無ということです。

「菅原弘二」氏の成績は、大半が自作の文字打ち情報であり、その実績を裏付けるデータはほとんど公開されていません。

実績を裏付けるデータとは次のものを指します。

  • 証券会社が発行する損益証明書(取引報告書)
  • 証券口座で閲覧できる年間取引損益照会(約定履歴)

証券会社が発行する損益証明書(取引報告書)

損益証明書(取引報告書)とは、証券会社に依頼して発行してもらう証明書です。1年間の損益がわかる書類です。確定申告の際に使用するために取得する人が多いですね。以下の書類はSBI証券が発行する「株価指数先物取引 取引報告書」です。書式は各証券会社によって異なります。

取引報告書

年間取引報告書(SBI証券)

証券口座で閲覧できる年間取引損益照会(約定履歴)

証券口座で閲覧できる年間取引損益照会(約定履歴)とは、トレードの履歴です。

使っている証券会社のサイトにログインすれば、誰でもトレード履歴画面を閲覧することができます。一つ一つのトレード履歴(トレード毎の取引数量、損益額、手数料)そして差し引き損益額を一覧で確認することができる画面です。

下の画像はライブスター証券の日経225先物約定履歴です。

約定履歴

約定履歴(ライブスター証券)

この画面をキャプチャするなどして、実績として公表しているトレーダーも存在します。

「菅原弘二」氏が公開している成績は、自作の文字情報…

「菅原弘二」氏が販売ページ等で大々的に公開している成績は、ほとんどが自作の文字情報。『菅原式日経225先物デイトレード塾』では以下のように掲載されています。

『菅原式日経225先物デイトレード塾』の成績

『菅原式日経225先物デイトレード塾』の成績

注意書きとして次のように記載があります。

いずれの結果も証拠金100万円スタートで、1日に複数回取引を行った場合(取引時間は日中9:10~15:09、ナイト17:00~1:29となります。)

つまり、机上のトレードということですね。

その机上のトレード結果を、

スタート資金100万円で19ヶ月運用した場合
1億1792万8500円の利益!!!

と謳っているわけです。

掲載されている「菅原弘二」氏のトレード実績は、数回程度しかありません。年間を通したトレード実績は皆無です。同様に、モニターのトレード実績も、スポット的なものばかりです。

単発ならば、勝てるトレードもあるでしょう。しかし問題は、年間を通してプラスの収益を維持できるのかどうか?その優位性です。このあたりは不明瞭です。

フォワード成績(実績)はゼロ…

さらにフォワード成績となると、一切公開されていません。公開されていないというか、そもそもトレードしていないという疑念すらあります。

結局、単発的な過去トレードを数回、そしてモニターの単発的な過去実績のみで、商材を販売しているということになります。

今も、「菅原弘二」氏が日々トレードをしているかどうかは全くわかりません。トレーダーというよりは、情報商材屋というイメージが強いですね。

菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾
販売元:菅原 弘二
発売日:2016/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://best-investment.biz/

『菅原式日経225先物デイトレード塾』で学べること

 ”日経225ミニ”のテクニカルトレードを学ぶ

『菅原式日経225先物デイトレード塾』は、日経225先物ミニのトレード手法を学ぶオンラインスクールです。日経225先物取引がどのようなものかについては、以下の解説をご覧ください。

スクールと付いていますが、スクールらしきものはなにもありません。

購入者専用のサイトが用意されていて、その中でカリキュラムが動画とPDFで提供されているだけです。

学べるロジックは2つ(チャート張り付き必須)

『菅原式日経225先物デイトレード塾』で学ぶことのできるロジックは、チャート解析をベースにした2つの手法です。

  1. サンダーバード…デイトレードロジック
  2. SYNCHRO(シンクロ)…スキャルピングロジック

前作『FURAIBO225』はスイングトレード主体のロジックでしたが、『菅原式日経225先物デイトレード塾』では、スキャルピングとデイトレード主体のロジックとなっており、結果的にチャート張り付きが求められることとなります。

デイトレードのベースとなるロジックは、トレンドフォローです。一方のスキャルピングは、逆張りロジックとなります。どちらも明確なルールはありますが、裁量判断が大いに入る手法です。

日中立会だけでなく、ナイトセッション(夜間立会)にも対応した手法なので、トレード時間は幅広いですが、デイトレ・スキャルはチャート張り付きが必須です。ある程度まとまった時間の取れないユーザーには実践困難ですので注意が必要です。

チャート解析が中心

デイトレードもスキャルピングも、テクニカル指標を中心にしたチャート解析です。使用するインジケーターは主に3つ。

  1. 移動平均線
  2. ボリンジャーバンド
  3. 一目均衡表

これらのインジケーターをチャート上に表示させ、相場の局面を捉えて仕掛け・手仕舞いをするというシンプルな手法です。システムツールなどは提供されません。

使用するテクニカルはどれもベーシックなものばかりです。目新しさは皆無です。

これで128,000円という価格なのですから、拍子抜けします。

ロジックチェックシート(早見表)が用意されている

トレードの手順は2ステップです。

  1. チェックシートに従い高確率で勝てるポイントでエントリーする
  2. 利益が最大限に引き出したところで決済する

ロジックは複雑ですが、専用のチェックシート(ロジック早見表)が用意されています。とはいえ、裁量が大いに入る手法ですので、再現性という点においては評価が分かれるでしょう。

利確・損切りはOCO注文でおこなうので、ENTRY後はほったらかしでも問題ありません。

菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾
販売元:菅原 弘二
発売日:2016/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://best-investment.biz/

『菅原式日経225先物デイトレード塾』の中味を解説

購入者には専用のIDとパスワードが与えられ、会員専用サイトにアクセスできます。カリキュラムは主に動画です。補助的に音声ファイル・PDFテキスト等が提供サれています。

Chapter1 概要編

  • 塾の進め方 全体像と概要解説
  • デイトレーダーとしての準備
  • 日経225先物基礎知識
  • 証券会社口座開設方法
  • チャートの表示と環境設定

Chapter2 マインド編

  • 負けた損失を差し替えした考え
  • 負け→負けづらい→勝ち→勝つのが当たり前
  • 結果には個人差がある
  • 常に平常心を目指す
  • 最終的にはマイルール化

Chapter3 資金管理

  • 余力の考え方
  • 社長の10万円と平社員の10万円
  • ライフの回復
  • リスクシミュレーション
  • マインドと資金管理の連動性
  • PDCAサイクルの重要性

Chapter4 トレード基本編

  • インディケータの基本的な見方
  • 菅原が意識しているろうそく足の見方
  • テクニカルの機能判断と移動平均線について
  • 菅原独自のボリンジャーバンドの設定と視点
  • 一目均衡表をどう見るか
  • 日経225のある癖から株価が次にどのように 値動くかを予測する方法とは?
  • 日経225先物からなる菅原独自の支持線、抵抗線の考えとは?
  • 1日で投入資金0.5%~3%の利食いを目指すためのシナリオとは?

Chapter5 投資法編【デイトレード】

  • サンダーバードロジックについて
  • サンダーバードエントリールール(買い)
  • サンダーバードエントリールール(売り)
  • サンダーバード利益確定(買いの場合)
  • サンダーバード利益確定(売りの場合)
  • サンダーバードロジック ファクター解説

Chapter6 投資法【発展編】

  • 時間軸特有の戦略・戦術
  • 各時間帯の傾向
  • 時間軸戦略事例
  • 損小利大に紐づく裁量判断の考え
  • 裁量判断を最効率化させるチャート設定
  • サンダーバードロジック+裁量判断
  • 裁量判断事例
  • 追撃について
  • 日経225先物特有の癖を利用した追撃方法とは?
  • 裁量判断+追撃
  • 追撃を狙う絶好の条件事例

Chapter7 投資法【応用編 スキャルピング】

  • スキャルピングロジック SYNCHROについて
  • SYNCHROエントリールール(買い)
  • SYNCHROエントリールール(売り)
  • SYNCHRO利益確定(買いの場合)
  • SYNCHRO利益確定(売りの場合)
  • SYNCHRO+裁量判断
  • SYNCHRO+追撃

Chapter8 ケーススタディー編

  • ケーススタディについて
  • 日中
  • ナイトセッション

【特典】

  • 180日間回数無制限のメールサポート
  • 時間帯別傾向データ
  • エントリー返済チェックシートサンダーバード版
  • エントリー返済チェックシートSYNCHRO版
  • メンバー限定Lineグループ
  • リスク回避エントリー法

『菅原式日経225先物デイトレード塾』の欠点

まず『菅原式日経225先物デイトレード塾』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.12万8000円という高価格に見合う優位性があるのか?

「塾」と銘打っていますが、「塾」というよりは単なる動画で基礎を学ぶ商材という印象です。一般的な塾で提供される「会員限定のリアルセミナー」や「懇親会」などは用意されていません。ストラテジーに関しても、ベーシックなテクニカル(移動平均線・ボリバン・一目)を使ったデイトレード・スキャルピング手法に特段目新しさはありません。それでいて13万円近い価格は、なかなかの強気です。13万円に見合う価値があるのかどうか?評価が大きく分かれそうです。

2.菅原氏の年間トレード実績・フォワード成績が不明

開発者である「菅原弘二」氏の年間トレード実績が、全く公開されていないことに不安(疑念)を感じますね。フォワード成績の公開もゼロです。はたして、本当にトレードしているのか?勝てているのか?こうした疑念に「菅原弘二」氏はどのように回答してくれるのでしょうか。

3.チャートへの張り付きが不可欠

『菅原式日経225先物デイトレード塾』で学ぶストラテジーは、デイトレードとスキャルピングです。結果的にチャートへの張り付きは必須です。チャート上のテクニカル(インジケーター)とローソク足を睨みながら、チャンスを待ち続けます。ENTRY後はOCO注文でほったらかしにできますが、それでも「待つ」トレードには変わりありません。

商材の欠点
  1. 12万8000円という高価格に見合う優位性があるのか?
  2. 菅原氏の年間トレード実績・フォワード成績が不明
  3. チャートへの張り付きが不可欠

『菅原式日経225先物デイトレード塾』の評価点

次に『菅原式日経225先物デイトレード塾』の評価できるポイントを解説します。

1.日経225先物のデイトレードを学ぶための基礎講座

これから日経225先物のデイトレードを学びたいならば、それなりに充実したカリキュラムが揃っています。基本的なテクニカルを活用した順張り・逆張りを体系的に学ぶことが可能です。とはいえ、それに12万8000円を払えるかどうか?という課題が残ります。

商材の良点
  1. 日経225先物のデイトレードを学ぶための基礎講座

『菅原式日経225先物デイトレード塾』総合評価

C評価

【結論】日経225先物のデイトレードを体系的に学ぶための基礎講座としては評価できるが、基礎講座レベルの商材に12万8000円の価値があるかどうかははなはだ疑問

『菅原式日経225先物デイトレード塾』を、日経225先物トレードの基礎講座として捉えるならば、それなりに評価はできます。マニュアルも体系化されており、動画解説も充実しているので、初心者でも理解しやすいはずです。とはいえ、その基礎講座に12万8000円ものお金を払えるかどうか?

独学するつもりで、日経225先物取引の専門書さらにはテクニカルトレードの解説書を購入すれば1万円程度で学ぶことができる内容です。はたして『菅原式日経225先物デイトレード塾』に12万8000円もの価値があるのか?じっくりと考えて見て欲しいです。

商材の良点
  1. 日経225先物のデイトレードを学ぶための基礎講座
商材の欠点
  1. 12万8000円という高価格に見合う優位性があるのか?
  2. 菅原氏の年間トレード実績・フォワード成績が不明
  3. チャートへの張り付きが不可欠

『菅原式日経225先物デイトレード塾』を購入するべき人

  • 日経225先物のテクニカルトレードを学びたい人
  • 動画で学びたい人

『菅原式日経225先物デイトレード塾』を購入してはいけない人

  • 12万8000円もの金額を基礎講座に払いたくない人
  • 日経225先物トレードの基礎が身についている人
菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾
販売元:菅原 弘二
発売日:2016/09/11
メディア:動画・PDF
公式サイト:http://best-investment.biz/

 よく読まれている記事

日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 『日経ドカン!』【検証レビュー】

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』検証とレビュー 『即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信』の兄弟版ともいえる商材の登場です。その名も『日経ドカン!』。 前作『株ドカン!…

トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)検証レビュー
トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)と日経225先物取引

トレードサイン生成ツールAlchemy トレードサイン生成ツールAlchemyは日経225先物取引専用のシグナルツールです。ちなみにAlchemy(アルケミー)とは、”錬金術”とい…

スーパースキャルピング225
スーパースキャルピング225【購入レビュー】

『スーパースキャルピング225』購入レビュー 日経225mini(ミニ)専用の”MetaTrader4サインツール”だ 『スーパースキャルピング225』は、日経225先物(ミニ)取…

ZONE~NEW WORLD~
ZONE~NEW WORLD~【購入レビュー】

「ZONE~NEW WORLD~」検証とレビュー 日経225先物取引のための投資マニュアル 「ZONE~NEW WORLD~」は日経225先物に特化した投資ノウハウです。 ZONE…