漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

買っていい株 ダメな株

今回(2015年4月25日号)の週刊東洋経済の見出しはインパクトがあります。『特集 買っていい株 ダメな株』というタイトルです。

週刊東洋経済
週刊東洋経済(Amazon)

最近経済誌がこぞって株式投資の特集を組んでいます。投資と英会話上達の特集を組むと売上部数が伸びるそうですね。それだけ多くの人が投資に興味を持っているということなのでしょう。

今回の特集記事で興味深かった章を紹介していきます。

漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得

『インベスターZ』という漫画をご存知でしょうか?週刊モーニングで連載中の経済漫画です。『ドラゴン桜』や『エンゼルバンク』、『マネーの拳』などを手がけた三田紀房氏の最新連載です。

インベスターZ
インベスターZ第1巻(Amazon)

AmazonのKindle版であれば500円で購入できます。現時点(2016年7月25日)で第13巻まで出版されています。

この漫画が週刊東洋経済の特集で大きく取り上げられています。漫画のあらすじはWikipediaから引用します。

北海道札幌市にある道塾学園は、全国屈指の学業成績を誇る私立の男子中高一貫校。炭鉱開発や漁業によって財を成した豪商・藤田金七により創設された。彼の方針により、開校以来生徒やその家族には授業料などの金銭的負担を一切かけないことになっている。
入学試験満点の成績で道塾に入学した財前孝史は、始業初日の放課後に野球部の活動に加わろうとしていたところ、ちょうど野球部まで案内するという先輩に出会う。しかし、行先は校内図書館奥の扉からさらに先にある地下室であった。そこでマージャンをして遊んでいた数人の生徒は、自分たちは学校の運営資金を稼ぎ出す「投資部」であると名乗る。
財前は、得体の知れない投資部という存在に疑念を抱きながらも、マージャンで遊べるのならということで活動に参加することにする。

引用:Wikipedia

投資部に入部した中学生の主人公が、いきなり100億円という運用資金を一任されるという破天荒なストーリーです。投資の失敗と成功を通じて主人公の財前が成長していく過程をリアルに描いている点が人気の秘密ですね。

たかが漫画と思ってバカにすることはできません。綿密なリサーチをベースにした練りに練られたストーリーは、マンガ好きだけでなく多くの投資家が引き込まれます。実際にこうして東洋経済にも取り上げられるほどです。

『インベスターZ』は初心者にも、ある程度の経験がある投資家にも「気づき」が得られる、投資をテーマにした漫画だ。

作者の三田紀房氏は証券関係者や投資のプロへ取材を重ね、実践に役立つエピソードや教訓を盛り込んでいる。

『インベスターZ』の特集記事が全7ページにわたって掲載されています。その中で面白い記事をピックアップしてみます。

損切りができれば塩漬け株にはならない

ここで財前が学ぶのが、塩漬け株をいかに作らないようにするか。そのために投資家の心理が説明される。株価が下がると「今売ると損が出るから」となかなか損切りに踏み切れない。しかも、損は「し始めたとき」と比べて「よりひどくなるとき」のほうが、苦痛が少ないと言われる。

これは投資家のほとんどが共感する言葉だろう。

漫画の中では、行動経済学における重要な理論の一つ、プロスペクト理論が投資家心理にそって解説される。

主人公である財前が100億円の運用を任されて、最初に投資した銘柄がゲーム会社です。なんといきなり30億円もの金額を1銘柄に投資します。

その後保有銘柄は思惑通りに上昇するのですが、欲深さから手仕舞い時に迷いが生じ、利益を減じてしまう。かろうじて利益を出すものの、利食い(手仕舞い)の難しさを痛感させられる主人公。

株は入り口にあらず、出口にあり

財前がゲーキチ株の売買で学ぶのは、「株は買うことよりも売ることのほうが重要」だということだ。(中略)

学校の運営資金を任されている財前は、一定の運用成績を求められるプロの投資家に近い存在だ。そのため、こうした損切りの重要性を最初に学ぶ必要があった。

「株は入り口にあらず、出口にあり」なかなかの名言ですね。仕掛けより手仕舞いが難しいことはトレーダーなら誰でも身にしみて知っていることです。

特に含み損が発生した際の損切りのタイミングは、なかなか一朝一夕で身につくものではありません。どうしても欲がでてしまい、自分のルールを守れなくなってしまいいます。

ゴールドラッシュに銘柄選びの本質あり

ゴールドラッシュでは金採掘よりも、その周辺のニーズを取り込んだビジネスで成功を収めたのだと。

このエピソードは、株式投資の本質を物語っている。単純に言えば株価が安い時に買って高く売れれば、大きな利益を得ることができる。

そのためには、将来の値上がりが期待できる有望銘柄をほかの投資家が注目していない時期に仕込んでおくことが肝心だ。

ゴールドラッシュに湧いた19世紀、多くの欲深き人間が成功を求めて金採掘場に群がりました。しかしその場で大きな稼ぎを得たのは、採掘者ではなく周辺で事業を始めた人たち。つまり、作業用ズボンを販売して後に大企業になったリーバイスや、採掘用の道具(ツルハシなど)を販売した業者などです。

その教訓を株式投資に反映させて銘柄選びのヒントを提供してくれています。人と同じ行動をしていても、大きく稼ぐことは難しいということです。

だれも注目していない銘柄で、かつ将来有望な銘柄をいかに早く見つけてくるか、簡単なようで非常に難しい戦略です。

3つの教訓「人気株ばかり追うな」「慎重、謙虚を肝に銘じよ」「先人の知恵に学べ」

インベスターZには3つの教訓が登場します。

  1. 人気株ばかり追うな
  2. 慎重、謙虚を肝に銘じよ
  3. 先人の知恵に学べ

どの教訓も、あたり前のことですが、多くのトレーダーが見過ごしがちのものばかりです。特に慎重・謙虚を肝に銘じよという教訓は、耳が痛いですね。

初心者ほどビギナーズラックなどで思わぬ利益を手にすると「自分は投資の天才なのでは?」などと勘違いし、謙虚さを失いがちです。

私自身は”相場からおこぼれを頂く”という気持ちでトレードしており、謙虚さを失わないように常に自制しています。

投資を勉強しろ、しかし投資は勉強できない…

「投資を勉強しろ
しかし投資は勉強できない
この矛盾を解明するまでこの部屋への出入りを禁ずる」

投資部のキャプテンからまるで禅問答のような問いかけをされる主人公。「投資を勉強しろ、しかし投資は勉強できない」…この矛盾を解明できるのか?

主人公の財前は、このキャプテンの問いかけに対し、自分なりの結論を導き出します。

財前は「投資の勉強とは自分で問題を作り誰よりも先に解くこと」と答え、一番大切なのは「未来を予測する力だ」との結論を導き出す。

なんとも奥が深いですね。ただ、未来を予測するというのはどうなのか?ちょっとこの考えには否定的です。予測をするという点において、すでに放漫さがあるように感じるからです。どちらかといえば、相場についてく、というスタイルこそが望ましいと考えます。

相場は大きな海です。個人投資家は、たとえるならば”小魚(イワシ)”です。そして相場を動かす機関投資家連中はクジラです。そのクジラが大海を自由気ままに泳ぎ、大きな流れ(うねり)を作り出しています。個人投資家は、クジラの流れに逆らうことなくコバンザメのようにクジラにくっついてその「おこぼれ」をいただく、という意識でトレードをおこなうべきだと考えます。いまのところ、このやり方で大きなやけどはしていません。

投資のスタンスは人それぞれなので、何が正しくて間違っているなどとは言えません。インベスターZで語られた「未来を予測する力」も大切な要素なのかもしれないですね。

投資のプロは『インベスターZ』をどう読んだか?

特集の最後は、独立系投資運用会社レオス・キャピタルワークス最高投資責任者である藤野英人氏による『インベスターZ』の感想インタビューです。

この記事がなかなか面白いです。

財前(漫画の主人公)が実在したらファンドマネージャーとして採用するが、投資手法は取り入れない。

と述べています。その理由が明快で興味深いです。詳しくは週刊東洋経済を購入して読んでください。

「買いません」「だったら売りですよ」

もう一つ、興味深い話があります。

あるセミナーで、保有している塩漬け株をどうしたらいいかと相談を受けた。

「今おカネがあったら、その銘柄を買いますか」と質問したところ、「買いません」と。「だったら売りですよ」と答えた。

大切なのは買値ではなく時価で考えることだ。

これは本当に身につまされる話ですね。塩漬け銘柄を損切りすべきかどうか判断する際に、どうしても買った時の値段を意識してしまう。この金額で買ったものを今の値段で損切れば、これだけの損失が出てしまう…と考えがちです。

でもそれは”自分の事情にすぎない”と、藤野氏は一蹴します。

冷静に考えて、今その銘柄を買わないのであれば即、損切りすべき。その時の時価が買うべき値段ではないのであれば保有している理由がないとのこと。非常に示唆に富むお話ですね。

週刊東洋経済は良記事が多い

週刊東洋経済「買っていい株ダメな株」特集の中から、『インベスターZ』に関する記事を取り上げてレビューしました。

それ以外にも非常に面白い記事が揃っています。一例を上げると、

  • 株式投資のススメ(お笑い芸人天野ひろゆき)
  • 四季報完読の達人が教えるお宝銘柄はこう探せ!
  • 日経平均2万円は通過点。好需給で進む「さらなる高み」
  • 実践で役立つ投資アイデア

また機会があれば、取り上げてレビューしたいと思います。

 よく読まれている記事

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介し…

ドイツ銀行破綻危機
「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」

ドイツがおかしい ドイツで何かが進行しつつあります。 先月8月22日に、ドイツ政府が全国民に「10日間の食料」「5日分の水」そして「現金」を備蓄することを推奨する民間防衛計画を発表…

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場。キクチ氏の投資法については以前も記事にしました。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えしました。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出…

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”
大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは? 別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。 キクチ氏は32歳のサラリーマンだ…

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介します。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録しましたね。前日比1343円43銭(7.71%)高です。今回の爆上げは、個人投資家を…

【動画あり】天才個人投資家cis・BNFと北尾吉孝氏との対談からわかる”個人トレーダーの過酷な世界”

個人投資家cis・BNFとSBIホールディングスCEO北尾吉孝氏の対談 最近ホリエモンが北尾吉孝氏をディスって話題になりました。 「こいつマジサイコパスなんじゃね?」 「こいつを尊…

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額です。なんと800万ドル(当時の円換算で9…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…