老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

老後崩壊と下流老人

老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人”

今回も未読雑誌からのピックアップです。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的です。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキングなタイトルが踊ります。

週刊東洋経済

週刊東洋経済(8/29号)

30代〜50代の中年層には無視できない目次に、思わず手が止まります。

  • 『下流老人』著者 藤田孝典と老後貧困の現場を歩く
  • 急増する老後の下流転落
  • 本当の老後危機は団塊以降の世代から
  • 家計の見直しー老後にしくじるのはこのタイプ
  • 老後の生活費ー年金はいくら受け取れるのか
  • 定年後も働くー再就職、起業、今から備える再出発
  • 資産運用ー老後資金の正しい殖やし方
  • 病気に備えるー知っておきたい医療負担

などなど。

『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』が突きつけた目を背けたくなるような現実と未来

下流老人という言葉を頻繁にメディアで目にするようになったのは、2015年に入ってからです。藤田孝典氏(NPO法人ほっとプラス代表理事)の著書『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』の出版による影響が大きいようですね。

老後崩壊、老後転落、下流老人、そして一億総老後崩壊…なんとも暗くなるようなフレーズが、最近のメディアを賑わせています。老後崩壊、つまり下流老人への転落は、今や人ごとではありません。このことから目を逸らさずに、どうやって備えていくか?このブログの重要なテーマとして継続的に取り上げていきたいと考えています。

第一弾として、週刊東洋経済(8/29号)の記事をピックアップします。

貯金1000万円でも70代前半で生活困窮に陥る可能性がある…

現役時代に年収が400万円あっても受給できる年金額は月20万円を下回る。それ以下の年収だと生活保護基準を割り込むケースも出てくる。”1億総老後崩壊”の時代がやってきてしまう

下流老人の推定人口は約600万人で、近い将来1000万人規模に膨れ上がる可能性があります。

60歳以上無職世帯(単身世帯を含む)の1ヶ月の生活費は平均20.7万円。それに対して年金をはじめとした実収入から社会保険料などを引いた可処分所得は14.8万円。つまり月6万円の赤字になっている。

サラリーマンのように厚生年金をもらっているケース。自営業者の場合は大半が国民年金だけなので、老後の可処分所得はさらに少なくなります。

前述したように生活費の赤字が月約6万円✕12ヶ月=年72万円とすれば、60歳で貯蓄を1000万円持っていたとしても、70代前半で底をつく。

貯金を1000万円持っていたとしても、70歳以上長生きをすると、スッカラカンになってしまうという現実。さらに病気をして入院や手術をしたり、夫婦どちらかが介護が必要になれば、70歳に届く前に生活破綻です。

つまり貯金1000万円と年金だけでは、まったく安泰ではないということですね。

退職金2000万円+貯金1000万円あっても下流老人の予備軍だ

40代、50代の間で「老後貧乏」予備軍の割合が増えている。

たとえばこんな人だ。定年時に退職金が2000万円入る見込みで、貯蓄も1000万円ほど確保できそう。合わせて3000万円用意できれば、老後資金としてはまずまずのレベルだろう。

しかし、60歳時点で住宅ローンが1500万円、子どもの大学進学時に組んだ教育ローンも200万円残っている。退職金で二つのローンを完済すると、残りは1300万円。

老後は貯蓄を取り崩す生活が前提となるので、この水準では心もとない。

退職時に3000万円(退職金2000万円+貯金1000万円)あっても、負債(ローン)が残っていれば、相殺することになります。

では、いったいいくらあれば安泰なのか?

老後下流転落を防げる貯蓄額は、3500万円…

週刊東洋経済の記事では、その額を「3500万円」としています。もちろん住宅ローンや学資ローンの残債なしという条件付き。

65歳で退職した後、全く仕事をしないで年金受給のみで生活する場合、年間で75万円を貯金から取り崩す必要があります。つまり毎年75万円の赤字が生じていることになるのです。

仮に90歳まで25年間生きる場合、75万円✕25年=1875万円 の貯金が必要。

さらに特別出費(自宅の修繕費用や車の買い替え等)で1000万円(!)程度を考えると、合計で2875万円の貯蓄が必要であると述べています。

バブル時代を謳歌した40代、50代は支出を抑えられない

バブル時代に贅沢生活を堪能した40代や50代は、老後も生活費がかさむ可能性もあります。

消費は美徳とばかりにバブル時代を謳歌した40,50代が老後に突入した時には、支出額はさらに増えるはずだ。将来、公的年金が減額される可能性も考えると、年間の赤字額は100万円を覚悟すべきかもしれない。

特別支出1000万円を含めると、この世代の老後資金は3500万円必要という計算になる。

3500万円…。

この金額を多くの国民(サラリーマン)が老後までに貯めこむことは難しいでしょう。可能なのは一部の高給取りサラリーマンだけですね。

読めば読むほど、気分が暗くなる特集です。

次回の記事で、老後崩壊を防ぐ方法について週刊東洋経済で解説されている内容を取り上げます。

 よく読まれている記事

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場。キクチ氏の投資法については以前も記事にしました。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年です。2005年までは毎年発表されていました。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)…

【誰でもできる】確率(50%以上)で億万長者になる方法
【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

「はい、億万長者(1億)の出来上がり」田畑信太郎 LINE株式会社の上級執行役員である田端信太郎氏は、なにかと波紋を広げるツイートを呟くことで有名ですね。 @tabbata それだ…

資産200億円投資家cisに迫る
伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失 数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された cis氏をご存知でしょうか。200億円投資家であり、たび…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻す…

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いはず。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディア…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
投資で儲けたいなら”勉強”するな

投資で儲けたいなら”勉強”するな 漫画『インベスターZ』の作者である三田紀房さんが面白いことを語っています。インベスターZとはモーニングで連載中の投資漫画です。 漫画『インベスター…

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です…

【動画あり】天才個人投資家cis・BNFと北尾吉孝氏との対談からわかる”個人トレーダーの過酷な世界”

個人投資家cis・BNFとSBIホールディングスCEO北尾吉孝氏の対談 最近ホリエモンが北尾吉孝氏をディスって話題になりました。 「こいつマジサイコパスなんじゃね?」 「こいつを尊…