日本株式市場で総資産1億円達成!!!

 

日本株式市場で総資産1億円達成

日本株式市場で総資産1億円達成

【完全版】日本株式市場で総資産1億円達成!!!

2ちゃんねるで最近話題になっている、あるブログ(記事)を紹介したい。

【完全版】『日本株式市場で総資産1億円達成!!!』というFC2ブログの記事だ。

ワールドメイト和魂(にぎみたま)というブログの1記事である。

ワールドメイトとは神道系の宗教法人なのだが、このブログはその会員であるユーザーの雑記のようなものだ。大半の記事が宗教関連の記事なのだが、【完全版】『日本株式市場で総資産1億円達成!!!』という記事が2016年8月23日に突如公開された。

詳しくはリンク先の記事を読んで欲しいのだが、この記事がなかなか読み応えのあるおもしろい内容なのだ。

かなりの長文だが、非常に示唆に富んだ内容で読んで決して損はない。

まったくの初心者が2年半で1億円!

2014年に株式投資を始めた初心者が、わずか2年半で1億円にまで総資産を拡大させたその経緯が綴られている。もちろん内容の真偽は定かではないし、眉唾といえばそうなのかもしれないが、一投資家として、非常に面白く読むことができた。

いくつか興味深い点をピックアップして紹介したい。

資金を溶かす人間と資金を増やす人間との決定的な差とは?

そして毎日、闘いの経験を重ねるにつれ、資金を溶かして退場する人間と、より多く資金を増やしていく人間の決定的な差を悟ったのである。

多くの人間が資金を溶かして退場するのは、大きく以下の3つに分けられる。

―――――――――――――――――――――

1.『ここが底に違いない!』~と勝手に予想して、余力限界まで仕込んでしまう。

⇒結果、さらに株価は下がって含み損が膨らむ。

2.信用取引を全力使ってしまう。

⇒結果、暴落した時に追証や退場を招くハメになる。

3.早めの損切りができない。

⇒結果、さらに含み損が膨らんで大ダメージをくらう。

―――――――――――――――――――――

  • 『ここが底に違いない!』と勝手に予想して余力限界まで仕込んでしまう
  • 信用取引を全力使ってしまう
  • 早めの損切りができない

こう書いてしまえば、あたりまえのことなのだが、こうした基本を疎かにすることで資金を溶かしてしまうことも事実だ。

そして、彼なりの必勝法も余すことなく公開している。

  1. 日経平均が上がり過ぎてると思うときは、やたらに仕込まない
  2. なるべくその日その日に手仕舞いするデイ・トレードに変えた
  3. やたらに仕込まなくなったので余力が多くなり、確実に勝てる材料やチャートで大勝ちできるようになった
  4. NY株式市場や日経先物が高く終われば、監視銘柄の多くが寄りから高く始まるので空売りで抜く
  5. 早めの損切りができるようになった
  6. 新規上場(IPO)銘柄には要注意するようになった
  7. 気配値のやたら厚い数字に注目する
  8. ディスプレイを2台にした
  9. 外出する場合はポジションを持たない
  10. 徹底的にチャートの見方を勉強した
  11. 資金が少ないうちは銘柄を絞り、大型株だけを手がける

ブログ記事では、各項目ごとに詳しい解説がなされているので、是非とも読んで欲しい。

11番の「資金が少ないうちは銘柄を絞り、大型株だけを手がける」という部分は、これから株式投資を始める初心者に対するアドバイスとして優れている。

大型株なら値動きが穏やかなので、資金が少ない初心者でも安心である。資金が少ないうちは、先が読めなく、ナイアガラ(急降下)まであるIPO銘柄はやらない。IPO銘柄でナイアガラにあうと大ダメージを受け、一発で追証や退場になってしまう。

そして、初心者のうちは手がける銘柄を少なめにし、その銘柄のボックス圏を見極める。監視銘柄として毎日見ていると、その銘柄の癖、天井や底などが分かるようになるので、入る時に良いポジションを得られるようになり、結果、勝ち(利益)に繋がるようになる。

いかがだろうか?とても参考になるアドバイスだ。

自分の欲をコントロールしろ

当然のことながら損切りの重要性についても説いている。

損が膨らむようなら早めの損切りは必須であるし、不安な状態では逆指値は必要である。対応が遅れた時点で間違っているのだから、結果が悪くなるのは目に見えている。

何度も同じ間違いを繰り返したあげく、修正できない人間は、いずれ退場するハメになるだろう。

だから早めの損切りが最も大切なのである。プロとアマの差は、感情的にならずに早めに損切りできるか否かだという。

すべての破滅の原因は【欲】であると断言している。自分の欲をコントロールし、常に冷静に相場と向き合うことこそが、生き残るための重要なスキルであると語っている。

為替と先物の動きを同時に監視しろ

先物と為替と日本株市場の連動に注目している個人投資家は少ないという。だから突如日経平均が暴落して唖然としてしまうのだ。

日経平均が暴落する原因は大きく2つ。

  1. 為替が極端に円高に振れたとき
  2. 先物が強烈に売り込まれたとき

つまり先物チャートと為替チャートを常時監視することで、日経平均株価の暴落を察知できるというのだ。

先物チャートの後に正確に追従してくる日本株市場を見て、まるで未来を予知した魔術師のような気分になれることだろう。

最も重要な指標であるこの2つ、【為替と先物の動きを同時に監視すること】をいつも忘れるなかれ!

確実に勝てる投資法とは?

最後に彼が「確実に勝てる投資法」を惜しげも無く公開している。

そして、私がこの株式市場で発見した【確実に勝てる投資法】を、ひとつ挙げよう。

それは…

【●●●●ショック】などの暴落時などに、落ち着いたら大きく仕込むことである!リーマンショック、チャイナショック、東日本大震災ショック、EU離脱ショック、日銀ショック。これらが起きた暴落時に、静まったことを見定めてから大量に仕込むことである。

サラリーマンなど日中の監視が難しい個人投資家が確実に勝つ投資法とは、「大暴落後の大量仕込み」である。これはまったくその通りで、私もこのタイミングを逃さずせっせと仕込んでいる。

「株は安く買って高く売る」という格言をまさに地で行く手法であり、鉄板だ。

最後のオチはご愛嬌

とても長い記事なので、腰を据えて読むことをオススメする。

記事のラストは、日本郵政グループ三社の株式上場時のトレード描写だ。ストレスで抜け落ちる髪を気にしつつも、この一大イベントで大きな勝負に出る彼。

そして…

最後のオチは、記事を読んでほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める
自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険だ 竹中平蔵氏が「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と述べていた。言われてみればすごく当たり前のことだが、妙に腑に落ちる言葉だ。 竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済 […]

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻する」と言われ続けているのに、いまだに破綻 […]

資産200億円投資家cisに迫る
伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失 数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された cis氏をご存知だろうか。200億円投資家であり、たびたびネットやメディアを賑わせてきた神トレー […]

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知だろうか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロス? 実はこの言葉を発したのはミュージ […]

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べていた。 「投資」と「投機」の違いは何か?ということだ。さらにいえば、「投 […]

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えした。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出したというニュースだ。テロもしくは金融ショッ […]

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にした。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・ 当初は(ネタか?) […]

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップだ。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的だ。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキングなタイトルが踊る。 週刊東洋経済(8/2 […]

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっている。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持っていなかったユーザーも、徐々に興味を示し始め […]

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 このブログでも何度も取り上げた200億超の投資家だ。 伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること 個人投 […]

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、61,560円だ。 出典:家計調査報告(家 […]

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深い。 タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの手法をあますところなく公開している記事だ。 […]