「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」

 

ドイツ銀行破綻危機

ドイツ銀行破綻危機

ドイツがおかしい

ドイツで何かが進行しつつある。

先月8月22日に、ドイツ政府が全国民に「10日間の食料」「5日分の水」そして「現金」を備蓄することを推奨する民間防衛計画を発表したのだ。

8月21日、ドイツの大手紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』によると、ドイツ政府は、国民に非常事態の際に公的支援が提供されるまでの間、自前で対応できるようにするため、10日分の食料と5日分の水を備蓄するように呼びかけたと報じた。

引用:http://www.mag2.com/p/money/21751

これは冷戦終結以来、初の通達だ。

ドイツで何かとんでもないことが起きる可能性がある。

ドイツに続いてチェコも10日分の食料備蓄を義務化する方針を発表…

ドイツだけではない。ドイツに隣接するチェコ共和国も、10日分の食料備蓄を義務化する方向で動いている。

【緊急】ドイツだけではなく、チェコも国民に「食料備蓄」を義務化!世界で一体何が起きているのか?

引用:http://tocana.jp/2016/08/post_10755_entry.html

前代未聞の想像を絶する恐ろしい事態が、欧州を発端に勃発するのかもしれない。

日本政府が「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」なんて言ったら日本国民はパニック必至

よく考えてみて欲しい。もしも日本政府が全国民に向けて、「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」などとNHKなどでアナウンスしたらどうなるだろう。

おそらく、大パニックが起きるのではないだろうか。全国民がスーパーやコンビニに殺到し、買い占めが起きることが容易に想像できる。

10日分ではなく、1ヶ月分くらいの食料を大量に買い占める人間がでてきて、大変な事態になるはずだ。誰かが買い占めれば、我も我もとなり、節度を持った行動など誰もできなくなる。

今回のドイツ政府のアナウンスが、ドイツ国民にとってどれほどのインパクトがあるか、想像できるだろう。

ドイツ銀行が破綻すればリーマン・ショックを上回る世界規模の金融危機が勃発

このタイミングでなぜドイツ政府が食料備蓄を呼びかけるのか?

まず考えられるのは、ドイツ銀行の破綻だ。8000兆円ものデリバディブ(金融派生商品)を保有しているドイツ銀行の自己資本比率は3%を大きく割り込んでいるとされている。8000兆円はドイツGDPの25倍に匹敵する額だ。

もしもドイツ銀行が破綻すれば、リーマンショックを上回る世界規模の金融危機が起きる可能性がある。当然その余波は日本の経済にも及ぶ。大打撃は免れない。

欧州金融危機は、もう秒読みに入っているのかもしれない。欧州から中国やアメリカ、そして日本へ、金融危機が一気に広がる恐れがある。

ドイツで家庭用金庫がバカ売れ

ドイツでは家庭用金庫がバカ売れしている。

ドイツの金庫の大手メーカー「バーグ・ベヒター(Burg Waechter KG)」社の家庭用金庫の今年上半期の売上は昨年同期に比べ25%伸びたそうだ。他の大手2社も二桁の成長をしているという。

引用:高まるドイツ銀行破綻の懸念。ドイツでは家庭用金庫が売り上げ増

このニュースからもドイツ銀行破綻が現実味を帯びてきている。

テロの危険性も

一方でテロの危険性も高まっており、ドイツ政府はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」による国内テロを警戒して、今回の食料備蓄を呼びかけたともうわさされている。

実際に、ドイツはISの標的となっていて、7月にドイツ国内で2件のテロ事件が起きている。

大規模戦争の危機もある

テロや金融危機だけでなく、大規模戦争が勃発する危機すら囁かれている。

緊張状態にあるロシアとウクライナの衝突が激しくなれば、大きな戦争に発展する可能性もある。隣接する欧州もその余波を逃れることはできないだろう。ウクライナにより近いチェコ共和国が「食料備蓄」を義務化する理由にも繋がる。

色々とうわさされているが、現実的な危機はやはり「ドイツ銀行破綻」

様々な憶測が飛び交っているが、現実問題としてドイツ銀行の破綻危機が、最も大きいだろう。ドイツ銀行は世界第4位の銀行だ。その銀行がドイツGDPの25倍ものデリバディブ(8000兆円)を保有し、立ちゆかなくなっているのだ。まさに時限爆弾である。

ドイツ銀行破綻は、早ければ10月にも起こりうるとアナリストは予測している。ドイツ銀行が破綻すれば、その影響で円高になり、日本の株式市場は大暴落するだろう。

とにかく、ドイツの動向に目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べていた。 「投資」と「投機」の違いは何か?ということだ。さらにいえば、「投 […]

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は […]

10月4日は投資の日だって知ってた?
10月4日は投資の日だって知ってた?

10月4日は投資(10+4)の日だって知ってた? 先日、10月4日は投資の日(語呂合わせ)だとして、日本証券業協会が投資キャンペーンをおこなった。以下は東京MXTVのニュースだ。 ニュース記事書き起こしはこちら。 きょう […]

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、61,560円だ。 出典:家計調査報告(家 […]

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介したい。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志氏は、楽天証券が提供するマーケットレポー […]

配偶者控除が廃止された日本で起こること
配偶者控除が廃止された日本で起こること

103万円の壁は撤廃されるのか? 配偶者控除廃止に関する議論が日に日に高まっている。配偶者控除とは、扶養されている妻が無収入であったりパートで働いている状況で、妻の年収が103万円以下の場合に、夫が所得から控除できる税制 […]

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介したい。 32歳とテロップがでているので、 […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした億り人、現る やはり株は成功すると大きい。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいる。堀哲也氏だ。 彼は株式投資によって1500万円まで資金を増やしたのだが […]

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2
【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表 S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのことだ。プロのアクティブファンドがこの体たらくだ。 またもや「アクティブファ […]

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場だ。キクチ氏の投資法については以前も記事にした。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2億円を築いた株式トレーダーの手法を解説 キ […]

【10億円】圧倒的な底値を探り資産10億円を達成して「自由億」へ・・・

【自由億】資産10億円を達成した株トレーダーにつけられる”称号” 最近ネット界隈で「自由億」というフレーズを頻繁に目にするようになった。 自由億とは「資産10億円を達成した株トレーダー」のことだ。”じゅうおく(10億)” […]

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?
資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは? 年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を築き、年間配当収入300万円を実現したと […]