自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険だ

竹中平蔵氏が「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と述べていた。言われてみればすごく当たり前のことだが、妙に腑に落ちる言葉だ。

竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済閣僚として様々な構造改革を断行したことで一躍有名になった人物だ。小泉純一郎氏とともに郵政民営化の立役者ともいわれている。

そんな竹中平蔵氏のインタビューがBLOGOSに掲載されていた。このインタビューが非常に面白かったので、是非読まれることをおすすめする。

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

年金を「生きるリスクに対してかける保険」であると述べてるのが印象的だ。

一般的な考え方としては、年金は老後の生活をサポートするための社会保障というものだ。65歳になれば誰でももらえて、死ぬまでの生活費の足しにするというイメージだ。

一方で、竹中氏は、「自分で生きつもりの年齡分は、自分で貯めろ!」と言っている。そこから「死ぬと思っていた年齡以上に生きてしまったときのために、年金はあるのだ!」という主張につながる。自分が生きようと考えている年齡分の生活費は自分で貯めておき、そこから先は年金でカバーするという考え方だ。

賛否両論あると思うが、「年金は保険と同じ」という考え方が非常に新鮮に思えた。

老後を十分に過ごせるだけの金融資産を持っていても、年金はもらえるという違和感

老後を十分に過ごせるだけの大金(金融資産など)を持っている老人ですら、65歳をすぎれば誰でも一律、年金は支払われる。ここに違和感を感じる人は多いと思う。

竹中平蔵氏の主張するように、「年金は保険と同じ」という発想で考えるならば、そもそも老後を楽に過ごせるだけのお金を持っている老人には払うべきではないだろう。保険は”不測の事態”にこそ使われるべきだ。

”不測の事態”とは、自分が想像していた以上に生きてしまった場合だ。

不測の事態にこそ年金が活きてくる

老後に必要な資金を計算することは無駄ではないし、意味はある。しかしその計算には一つの矛盾が潜んでいる。

たとえば90歳まで生きるための老後資金が3000万円だったとする。そして現役時代に頑張って3000万円を貯めたとしよう。ところが、その3000万円は90歳で底をつくのだ。90歳を超えて生きれば、結局生活保護に頼らざるを得なくなる。では100歳までの生活費を貯めたとしたら?それでも101歳になればお金はゼロだ。

つまりどれほど老後資金の計算をしようが、自分が想定した年齡以上に生きてしまえば、お金はなくなってしまうということだ(大金持ちは別)。

だからこそ、その「余計に生きた(=不測の事態)」ときの生活費をサポートするために年金が使われるべきだ、というのが竹中氏の主張である。

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

裏を返せば、自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ、ということだ。まさに自己責任が大好きな竹中平蔵氏ならではの考え方だ。

自分が生きる分だけのお金を自分で貯めることは、簡単ではない。まずは自分は何歳まで生きるのか?決める必要がある。85歳なのか?90歳なのか?いやいや自分は100歳まで生きる!という人もいるだろう。

そしてそこから逆算して必要なお金をためていくことが求められる。

投資を学び実践するということは、極力国に頼らずに自分の足で立つ(つまり経済的自由を得る)ための第一歩であると私は考える。なぜなら給与所得だけでは老後を人間らしく生きることが困難だからだ。

竹中氏の言うように、「自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める!」と胸を張って生きていきたいと思う今日このごろだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介したい。 32歳とテロップがでているので、 […]

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっている。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持っていなかったユーザーも、徐々に興味を示し始め […]

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

金の投資詐欺で被害総額6億円超 NHKニュースで金の投資詐欺事件が報じられている。260名から総額6億円以上をだまし取っていた詐欺事件だ。 金の投資話で詐欺容疑6人逮捕 金の延べ板を分割払いで販売すると、うその投資話をも […]

【10億円】圧倒的な底値を探り資産10億円を達成して「自由億」へ・・・

【自由億】資産10億円を達成した株トレーダーにつけられる”称号” 最近ネット界隈で「自由億」というフレーズを頻繁に目にするようになった。 自由億とは「資産10億円を達成した株トレーダー」のことだ。”じゅうおく(10億)” […]

配偶者控除が廃止された日本で起こること
配偶者控除が廃止された日本で起こること

103万円の壁は撤廃されるのか? 配偶者控除廃止に関する議論が日に日に高まっている。配偶者控除とは、扶養されている妻が無収入であったりパートで働いている状況で、妻の年収が103万円以下の場合に、夫が所得から控除できる税制 […]

君は「闇株新聞」を知っているか?
君は「闇株新聞」を知っているか?

君は「闇株新聞」を知っているか? 名前からしておどろおどろしい「闇株新聞」。業界ではかなり有名なサイトであり、様々なメディアにも寄稿しているので見聞きしたことのある人もいるだろう。 日刊闇株新聞 日刊というだけあってほぼ […]

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップだ。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的だ。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキングなタイトルが踊る。 週刊東洋経済(8/2 […]

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録した。前日比1343円43銭(7.71%)高だ。今回の爆上げは、個人投資家をあざ笑うかのごとくだ。予測することがバカバカしく […]

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深い。 タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの手法をあますところなく公開している記事だ。 […]

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年だ。2005年までは毎年発表されていた。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)に基づいた高額納税者番付である。長者番付が廃止 […]

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」だ。 彼のブログ・Twitterはこちら。 The Goal( […]

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 このブログでも何度も取り上げた200億超の投資家だ。 伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること 個人投 […]