自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険だ

竹中平蔵氏が「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と述べていた。言われてみればすごく当たり前のことだが、妙に腑に落ちる言葉だ。

竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済閣僚として様々な構造改革を断行したことで一躍有名になった人物だ。小泉純一郎氏とともに郵政民営化の立役者ともいわれている。

そんな竹中平蔵氏のインタビューがBLOGOSに掲載されていた。このインタビューが非常に面白かったので、是非読まれることをおすすめする。

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

年金を「生きるリスクに対してかける保険」であると述べてるのが印象的だ。

一般的な考え方としては、年金は老後の生活をサポートするための社会保障というものだ。65歳になれば誰でももらえて、死ぬまでの生活費の足しにするというイメージだ。

一方で、竹中氏は、「自分で生きつもりの年齡分は、自分で貯めろ!」と言っている。そこから「死ぬと思っていた年齡以上に生きてしまったときのために、年金はあるのだ!」という主張につながる。自分が生きようと考えている年齡分の生活費は自分で貯めておき、そこから先は年金でカバーするという考え方だ。

賛否両論あると思うが、「年金は保険と同じ」という考え方が非常に新鮮に思えた。

老後を十分に過ごせるだけの金融資産を持っていても、年金はもらえるという違和感

老後を十分に過ごせるだけの大金(金融資産など)を持っている老人ですら、65歳をすぎれば誰でも一律、年金は支払われる。ここに違和感を感じる人は多いと思う。

竹中平蔵氏の主張するように、「年金は保険と同じ」という発想で考えるならば、そもそも老後を楽に過ごせるだけのお金を持っている老人には払うべきではないだろう。保険は”不測の事態”にこそ使われるべきだ。

”不測の事態”とは、自分が想像していた以上に生きてしまった場合だ。

不測の事態にこそ年金が活きてくる

老後に必要な資金を計算することは無駄ではないし、意味はある。しかしその計算には一つの矛盾が潜んでいる。

たとえば90歳まで生きるための老後資金が3000万円だったとする。そして現役時代に頑張って3000万円を貯めたとしよう。ところが、その3000万円は90歳で底をつくのだ。90歳を超えて生きれば、結局生活保護に頼らざるを得なくなる。では100歳までの生活費を貯めたとしたら?それでも101歳になればお金はゼロだ。

つまりどれほど老後資金の計算をしようが、自分が想定した年齡以上に生きてしまえば、お金はなくなってしまうということだ(大金持ちは別)。

だからこそ、その「余計に生きた(=不測の事態)」ときの生活費をサポートするために年金が使われるべきだ、というのが竹中氏の主張である。

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

裏を返せば、自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ、ということだ。まさに自己責任が大好きな竹中平蔵氏ならではの考え方だ。

自分が生きる分だけのお金を自分で貯めることは、簡単ではない。まずは自分は何歳まで生きるのか?決める必要がある。85歳なのか?90歳なのか?いやいや自分は100歳まで生きる!という人もいるだろう。

そしてそこから逆算して必要なお金をためていくことが求められる。

投資を学び実践するということは、極力国に頼らずに自分の足で立つ(つまり経済的自由を得る)ための第一歩であると私は考える。なぜなら給与所得だけでは老後を人間らしく生きることが困難だからだ。

竹中氏の言うように、「自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める!」と胸を張って生きていきたいと思う今日このごろだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 よく読まれている記事

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額だ。なんと800万ドル(当時の円換算で9億5000万円)もの資産が見つかったのだ。 […]

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にした。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・ 当初は(ネタか?) […]

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べていた。 「投資」と「投機」の違いは何か?ということだ。さらにいえば、「投 […]

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いだろう。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディアが騒いでいたが、そもそも松居一代さんの […]

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」だ。 彼のブログ・Twitterはこちら。 The Goal( […]

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした億り人、現る やはり株は成功すると大きい。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいる。堀哲也氏だ。 彼は株式投資によって1500万円まで資金を増やしたのだが […]

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えした。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出したというニュースだ。テロもしくは金融ショッ […]

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 このブログでも何度も取り上げた200億超の投資家だ。 伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること 個人投 […]

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっている。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持っていなかったユーザーも、徐々に興味を示し始め […]

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判している。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家だ(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は […]

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2
【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表 S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのことだ。プロのアクティブファンドがこの体たらくだ。 またもや「アクティブファ […]

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表された。前年調査と比べて312万円減の2875万円だ。 老後に必要な預貯金2875万円…貯蓄より投 […]