【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表

S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのこと。プロのアクティブファンドがこの体たらくです。

またもや「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」とする『ウォール街のランダム・ウォーカー』の論旨を証明してしまいましたね。

つまり…「目隠しをしたサルに新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が注意深く選んだポートフォリオとさほど変わらぬ運用成果を上げられることを意味する…」ということです。

9割が相場に勝てず、米アクティブ運用ファンド S&P調べ

2016/9/16 6:20

【ニューヨーク=伴百江】アクティブ運用ファンドの9割が相場に勝てず――。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは15日、米国の投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表し、こんな結果を明らかにした。大型株、中型株、小型株で運用するそれぞれのファンドの総収益率は、6月末までの1、5、10年間に9割のファンドがS&P500種株価指数、400種、600種の指数の総収益率を下回った。

6月末までの1年間に大型株のアクティブ運用ファンドは85%がS&P500種の総収益率を下回った。5年間では92%、10年間では85%のファンドが指数を下回った。同じような傾向が中型株、小型株のアクティブ運用ファンドでも明らかになった。

株式相場が比較的堅調な相場環境では、わざわざ高い運用手数料を払ってアクティブ運用のファンドに投資するよりも、手数料の低いインデックス・ファンドに投資すれば相場並みの収益を確保できる。

アクティブ運用ファンドの運用成績不振を受け、これらの株式投信からインデックス投信やインデックスに連動する上場投信(ETF)への資金流出が目立っている。アクティブ運用ファンドは、よほどの高い運用成績を確保できなければ投資家離れにつながるだけに、運用担当者にとって大きな試練になっている。

引用:日本経済新聞WEB版

今回のニュースは、インデックスファンドの優位性をまたしても証明してみせたように見えますね。インデックスファンド信奉者は「ほらみたことか!」と高笑いするしていることでしょう。

アクティブ信者VSインデックス信者の戦いは、2016年にはいってもインデックス信者の勝利に終わりそうです。

インデックスファンドの優位性は揺るがないのか?

アクティブVSインデックスの論争は以前からずっと存在します。2014年の日経スタイル(NIKKEI STYLE)においても、同様の記事が掲載されています。

過去10年の年率リターン(運用管理手数料控除後)を比べると、アクティブ型投信が平均で2.1%だったのに対し、日経平均連動型のインデックス投信は平均3.2%、TOPIX連動型は1.8%だった。個別では、日経平均型の平均リターンを上回ったアクティブ型投信は23%で、TOPIX型を上回ったのは53%だ。

引用:NIKKEI STYLE

過去10年間のリターンの比較では、インデック投信がアクティブ投信を上回る結果となっています。

  • 日経平均連動型インデックス投信…平均3.2%
  • アクティブ型投信…平均2.1%

インデックスファンドには夢がない

これらのデータを見れば、アクティブファンドの優位性に疑念を抱かざるを得ないでしょう。ではアクティブファンドに投資することは愚かな行為なのでしょうか?私はそうは思いません。

インデックスファンドへの投資とはそもそも市場平均並みのリターンを得ることを目的としており、それ以上でも以下でもないのです。つまりローリスク・ローリターン。手数料も安く、安定した資産運用に適した金融商品です。

一方のアクティブファンドは、短期的に見れば大きなリターンを得ることができる可能性を秘めています。その点においては投資の醍醐味を体感できる、まさに夢のある投資です。定期的なリバランスを心がければ、高い収益率&安定性も実現可能です。実際に20%を超えるアクティブファンドは存在します。

また効率性の高い市場ではインデックスファンドが強いが、非効率的な市場ではアクティブファンドに優位性があるとも考えられますね。今の日本の市場は、効率的とはいえず、その点においてはアクティブファンドが溜飲を下げる可能性も十分にあるでしょう。

まぁ、ひと言で言えば「インデックスファンドには夢がない」ということです。

 よく読まれている記事

天才トレーダーBNF
”BNF”の手法を1時間で理解する〜BNF動画を時系列に並べてみたら彼の投資スタイルが見えてくる?

BNFの映像を時系列に並べてみたくなった 言わずと知れた天才トレーダーBNF。 最近はメディアに出ることも少なくなってきましたが、個人投資家の間ではいまなお天才投資家として語り継が…

株式投資は素人には難しいのか?
「投資は素人には難しい?そんなことはないよ」by ウォーレン・バフェット

一億総老後崩壊社会の到来を目前にして… 日経平均の乱高下が連日ニュースを賑わせています。ネットでは一瞬で大金を失った人や短時間で数十億円の大金を稼いだ人の話でもちきりですね。 これ…

分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)
分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)

分散投資で「億り人」へ NIKKEI STYLEに分散投資で1億円を達成した46歳の主婦がピックアップされていました。「日経ヴェリタス」のコラム”七転び八起き”にて掲載されている記…

配偶者控除が廃止された日本で起こること
配偶者控除が廃止された日本で起こること

103万円の壁は撤廃されるのか? 配偶者控除廃止に関する議論が日に日に高まっていますね。配偶者控除とは、扶養されている妻が無収入であったりパートで働いている状況で、妻の年収が103…

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えしました。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出…

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録しましたね。前日比1343円43銭(7.71%)高です。今回の爆上げは、個人投資家を…

資産10億円!?芸人天野ひろゆきが株長者になれた理由とは
資産10億円!?キャイ~ン天野ひろゆきが株長者になれた理由と真似したい”投資スタイル”

意外と多い”芸能人”投資家 最近は投資活動をしている芸能人が増えています。株式投資というジャンルに限っただけでも、多くの有名芸能人が思い浮かびます。 松居一代 川合俊一 杉村太蔵 …

【10億円】圧倒的な底値を探り資産10億円を達成して「自由億」へ・・・

【自由億】資産10億円を達成した株トレーダーにつけられる”称号” 最近ネット界隈で「自由億」というフレーズを頻繁に目にするようになりました。 自由億とは「資産10億円を達成した株ト…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場。キクチ氏の投資法については以前も記事にしました。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2…

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いはず。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディア…

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3
漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

買っていい株 ダメな株 今回(2015年4月25日号)の週刊東洋経済の見出しはインパクトがあります。『特集 買っていい株 ダメな株』というタイトルです。 週刊東洋経済(Amazon…