【インデックス信者高笑い】アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アクティブファンド9割が相場に勝てず・・・

アメリカの投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表

S&P発表によればアメリカのアクティブファンドの9割が株価指数を下回ったとのこと。プロのアクティブファンドがこの体たらくです。

またもや「アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」とする『ウォール街のランダム・ウォーカー』の論旨を証明してしまいましたね。

つまり…「目隠しをしたサルに新聞の相場欄めがけてダーツを投げさせ、それで選んだ銘柄でポートフォリオを組んでも、専門家が注意深く選んだポートフォリオとさほど変わらぬ運用成果を上げられることを意味する…」ということです。

9割が相場に勝てず、米アクティブ運用ファンド S&P調べ

2016/9/16 6:20

【ニューヨーク=伴百江】アクティブ運用ファンドの9割が相場に勝てず――。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは15日、米国の投資信託の2016年上半期の株式ファンドの運用成績を発表し、こんな結果を明らかにした。大型株、中型株、小型株で運用するそれぞれのファンドの総収益率は、6月末までの1、5、10年間に9割のファンドがS&P500種株価指数、400種、600種の指数の総収益率を下回った。

6月末までの1年間に大型株のアクティブ運用ファンドは85%がS&P500種の総収益率を下回った。5年間では92%、10年間では85%のファンドが指数を下回った。同じような傾向が中型株、小型株のアクティブ運用ファンドでも明らかになった。

株式相場が比較的堅調な相場環境では、わざわざ高い運用手数料を払ってアクティブ運用のファンドに投資するよりも、手数料の低いインデックス・ファンドに投資すれば相場並みの収益を確保できる。

アクティブ運用ファンドの運用成績不振を受け、これらの株式投信からインデックス投信やインデックスに連動する上場投信(ETF)への資金流出が目立っている。アクティブ運用ファンドは、よほどの高い運用成績を確保できなければ投資家離れにつながるだけに、運用担当者にとって大きな試練になっている。

引用:日本経済新聞WEB版

今回のニュースは、インデックスファンドの優位性をまたしても証明してみせたように見えますね。インデックスファンド信奉者は「ほらみたことか!」と高笑いするしていることでしょう。

アクティブ信者VSインデックス信者の戦いは、2016年にはいってもインデックス信者の勝利に終わりそうです。

インデックスファンドの優位性は揺るがないのか?

アクティブVSインデックスの論争は以前からずっと存在します。2014年の日経スタイル(NIKKEI STYLE)においても、同様の記事が掲載されています。

過去10年の年率リターン(運用管理手数料控除後)を比べると、アクティブ型投信が平均で2.1%だったのに対し、日経平均連動型のインデックス投信は平均3.2%、TOPIX連動型は1.8%だった。個別では、日経平均型の平均リターンを上回ったアクティブ型投信は23%で、TOPIX型を上回ったのは53%だ。

引用:NIKKEI STYLE

過去10年間のリターンの比較では、インデック投信がアクティブ投信を上回る結果となっています。

  • 日経平均連動型インデックス投信…平均3.2%
  • アクティブ型投信…平均2.1%

インデックスファンドには夢がない

これらのデータを見れば、アクティブファンドの優位性に疑念を抱かざるを得ないでしょう。ではアクティブファンドに投資することは愚かな行為なのでしょうか?私はそうは思いません。

インデックスファンドへの投資とはそもそも市場平均並みのリターンを得ることを目的としており、それ以上でも以下でもないのです。つまりローリスク・ローリターン。手数料も安く、安定した資産運用に適した金融商品です。

一方のアクティブファンドは、短期的に見れば大きなリターンを得ることができる可能性を秘めています。その点においては投資の醍醐味を体感できる、まさに夢のある投資です。定期的なリバランスを心がければ、高い収益率&安定性も実現可能です。実際に20%を超えるアクティブファンドは存在します。

また効率性の高い市場ではインデックスファンドが強いが、非効率的な市場ではアクティブファンドに優位性があるとも考えられますね。今の日本の市場は、効率的とはいえず、その点においてはアクティブファンドが溜飲を下げる可能性も十分にあるでしょう。

まぁ、ひと言で言えば「インデックスファンドには夢がない」ということです。

 よく読まれている記事

億超えトレーダー
億超えトレーダーが語る「ここまで稼いだ技」

億超えトレーダーの手法を知りたい 別冊SPA!(2015年5月22日発行)に興味深い記事が載っていたので、レビューします。 30代~40代「格差社会を勝ち抜く裏の道」読本 (別冊S…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にしました。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投…

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深いです。タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの…

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっています。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持って…

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えしました。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出…

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている
「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている 最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。 ラップ口座、陰る成長 運用苦戦で細る資金流入 ラップ口座残高4年ぶり減 6月末 …

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

天才トレーダーBNF
”BNF”の手法を1時間で理解する〜BNF動画を時系列に並べてみたら彼の投資スタイルが見えてくる?

BNFの映像を時系列に並べてみたくなった 言わずと知れた天才トレーダーBNF。 最近はメディアに出ることも少なくなってきましたが、個人投資家の間ではいまなお天才投資家として語り継が…

安倍総理の答弁で現実味を帯びる「年金減額」
安倍総理の答弁で現実味を帯びる「年金減額」

年金支給額が賃金に応じて変動することになる 若者の年金が減額される可能性は、耳にタコができるほど聞かされていますね。とはいえ、それでも払った分はもらえるはずと信じている人は少なくな…

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?
「お金をドブに捨てるようなもの!」ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット

「お金をドブに捨てるようなもの!」 ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判しています。 バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家です…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…