老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円

京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です。

老後に必要な預貯金2875万円…貯蓄より投資に移行!? 資金運用は4年連続増

2016.9.20 07:55

京都中央信用金庫(京都市下京区)が発表した「豊かな人生を考える」調査結果によると、老後に必要な預貯金は平均2875万円で、前年調査から312万円減ったことが分かった。一方、株式などの金融商品で資金運用する回答が4年連続で増加。老後資金の備えも、金利低迷などを背景に“貯蓄から投資へ”と考える世帯も増えている様子がうかがえる。

本人または配偶者が退職した世帯の1カ月の生活費は平均22万円で、昨年より2万円減少。生活費のやりくりは大半が年金や預貯金によるもので、「利子所得による収入」という回答は、全体の0.9%(前年1.6%)にとどまる。

このほか、老後の豊かな人生を送るために「準備している」と回答したのは全体の61.2%(前年59.5%)にのぼり、初めて6割の大台を突破。具体的には(1)預貯金(45.3%)(2)健康・体力づくり(21.3%)(3)趣味の充実(15.4%)-の順で多かった。

この調査は中信が平成12年以降、毎年「敬老の日」を前に実施。今年は8月中旬、全129店を訪れた30代以上の来店客にアンケート方式で行い、1245人から回答を得た。

引用:産経WEST

仔細ななデータでは3500万円、自己見積もりでは2880万円、この差が示すもの

以前紹介した週刊東洋経済の記事では、老後下流転落を防げる貯蓄額は3500万円であるとの試算がでていましたね。

最低でも3500万円の金融資産がないと、下流老人に転落する可能性があると警鐘を鳴らしています。その額と比べると今回のデータ(2875万円)はかなり低いという印象です。これは、多くの人が自分の老後に必要な資金を安く見積もりすぎているということではないでしょうか?楽天的なのか、それとも現実を正しく把握できていないのか、どちらにしても困るのは本人です。

老後の生活費も昨年より2万円減少し、平均22万円というデータがでています。年金収入が15万円とすると差額の7万円を預貯金から取り崩すことになります。

毎月7万円✕12カ月=84万円

この金額だけ見れば、2880万円あれば65歳から34年は生きられます。ただし、ローン残債もなく、夫婦共に健康に生きられることが大前提です。また、年金収入が15万円ももらえない世代や、自営業者は、さらに預貯金を上積み(倍以上=5800万円)しておくことが求められます。

日本より幸せなアメリカの下流老人

日本の老後崩壊や下流老人は社会問題化しつつあります。日本では無年金者が約40万人以上いるといわれているのです。

一方、所得格差が大きいとされるアメリカでは、低所得者に対して最低限の生活をサポートする仕組みが整っています。映画やドラマでもよく見かける「フードスタンプ」制度や家賃補助制度、そして低所得者・身体障害者に対して用意された公的医療制度「メディケイド」など。意外と貧困層へのセーフティネットが充実しているのですね。

さすがに豊かとまではいかないが、高齢者が普通に生活できる仕組みが社会全体として整っているわけです。

日本にも生活保護制度があるのですが、上手く機能しているとはいえません。クローズアップされる不正受給問題の影で、もらいたくてももらえずに苦しい生活を余儀なくされている多くの貧困層が存在します。生活保護にかかる行政コストは年々増大しているにもかかわらず、空回りしているように思えます。

下流老人に転落する前に

生活保護に頼らざるをえない老後をむかえる前に、今からできることをすべきでしょう。竹中平蔵氏が自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけと述べたように、まずは自分が何歳まで生きるのか?そしてそのために必要な資金を逆算し、足りない分をなんとしてでも現役のうちに作ること。貯金でも良いし、リスクを取れるなら投資でも良いでしょう。

 よく読まれている記事

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

資産200億円投資家cisに迫る
伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失 数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された cis氏をご存知でしょうか。200億円投資家であり、たび…

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介します。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志…

【動画あり】天才個人投資家cis・BNFと北尾吉孝氏との対談からわかる”個人トレーダーの過酷な世界”

個人投資家cis・BNFとSBIホールディングスCEO北尾吉孝氏の対談 最近ホリエモンが北尾吉孝氏をディスって話題になりました。 「こいつマジサイコパスなんじゃね?」 「こいつを尊…

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介し…

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

億超えトレーダー
億超えトレーダーが語る「ここまで稼いだ技」

億超えトレーダーの手法を知りたい 別冊SPA!(2015年5月22日発行)に興味深い記事が載っていたので、レビューします。 30代~40代「格差社会を勝ち抜く裏の道」読本 (別冊S…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にしました。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投…

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”
大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは? 別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。 キクチ氏は32歳のサラリーマンだ…

成長株投資
20代後半で資産1億円達成したダル♪氏の投資手法とは?

20代後半トレーダー「ダル♪氏」が1億円を稼いだ手法を解説 5年で億超えトレーダーの仲間入り 億超えトレーダーの続編だ。別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技…

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっています。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持って…

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?
資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは? 年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を…