「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。

ラップ口座とは、個人投資家が金融機関(証券会社や信託銀行)に資金運用を一任するパッケージングサービスです。ラップ口座を契約すれば、資産運用から管理まで様々なサービスを受けることができます。

ラップ口座の「ラップ」は、ラッピングのラップです。つまり「包む」という意味。あらゆる資産管理を金融機関に丸投げし、完全に任せてしまうことができます。もともとは富裕層向けのサービスだったのですが、それを小口化、つまり少額の資金(300万円〜500万円)からも利用できる「小口ラップ口座」がスタートしたことで、裾野が一気に広がりました。マネックス証券のラップ口座「MSV LIFE」の最低運用金額は1万円です。

「小口ラップ口座」が本格始動することで、いよいよ個人の預金もターゲットにされることになります。

プロに一任=判断放棄

プロに運用を一任するラップ口座は便利そうに見えますが、ラップ口座運用に否定的な金融専門家も多いのも事実。最大の理由は、投資判断の放棄につながるからです。そもそも投資はリスクとリターンバランスを各人で判断し大切な資金を運用するもの。そのためには自ら金融商品について学び、リスクリワードを考えるなど、金融リテラシーの向上が欠かせません。

一方のラップ口座は、いわば投資のプロに一任することです。つまり、丸投げ。金融機関は自分たちのお金ではないのでそれらが減っても痛くも痒くもない。しょせん他人の金です。それでも手数料(年率2%前後)だけはしっかり徴収されます。金融機関にとってラップ口座顧客はいいカモということです。

金融機関のあの手この手に騙されるな

そもそも金融機関がこれまでに販売してきた金融商品で、まともなものはほとんどありません。中には元本割れを起こして被害を拡大させ社会問題化した金融商品も少なくありません。分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)で紹介した「日経平均リンク債」などもその一つ。

経済評論家の山崎元氏も以下のように述べています。

はっきり言おう。現在、大手の金融機関で注力しているラップ口座での運用はやめた方がいい。

引用:ラップ口座が明らかにダメな4つの理由

山崎元氏が述べるラップ口座運用のリスクとは以下の4つ。

  1. 運用の判断放棄は危険
  2. 金融機関は「適切なリスク」を判断できない
  3. 手数料水準が高すぎる
  4. 手数料の高い運用商品が選ばれるリスク

ゆうちょ銀行の窓口の女性が放ったひと言

金融機関はあの手この手であなたの虎の子を狙っています。あのゆうちょ銀行ですら、です。

先日ゆうちょ銀行で税金を支払う機会がありました。窓口の行員が通帳を私に返しつつ「お口座にあるお金ですけど、もっと有利な運用されてみてはいかがですか?」と勧誘してきたのには正直驚きました。口座に残っていた金額は100万円程度です。

マニュアル通りの営業トークとはいえ、あのゆうちょ銀行ですら積極的に金融商品を買わせようとするその貪欲さに、若干気圧されてしまいました。

おそらくゆうちょ銀行では高齢者を軒並み勧誘しているのでしょう。(ゆうちょ銀行なら大丈夫)などと根拠のない判断で、多くの高齢者が話に載ってしまうのではないでしょうか?

 よく読まれている記事

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップです。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的です。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキ…

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録しましたね。前日比1343円43銭(7.71%)高です。今回の爆上げは、個人投資家を…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年です。2005年までは毎年発表されていました。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)…

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額です。なんと800万ドル(当時の円換算で9…

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深いです。タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの…

株式投資は素人には難しいのか?
「投資は素人には難しい?そんなことはないよ」by ウォーレン・バフェット

一億総老後崩壊社会の到来を目前にして… 日経平均の乱高下が連日ニュースを賑わせています。ネットでは一瞬で大金を失った人や短時間で数十億円の大金を稼いだ人の話でもちきりですね。 これ…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
投資で儲けたいなら”勉強”するな

投資で儲けたいなら”勉強”するな 漫画『インベスターZ』の作者である三田紀房さんが面白いことを語っています。インベスターZとはモーニングで連載中の投資漫画です。 漫画『インベスター…

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻す…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知ですか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロ…

ドイツ銀行破綻危機
「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」

ドイツがおかしい ドイツで何かが進行しつつあります。 先月8月22日に、ドイツ政府が全国民に「10日間の食料」「5日分の水」そして「現金」を備蓄することを推奨する民間防衛計画を発表…

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介します。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志…