「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。

ラップ口座とは、個人投資家が金融機関(証券会社や信託銀行)に資金運用を一任するパッケージングサービスです。ラップ口座を契約すれば、資産運用から管理まで様々なサービスを受けることができます。

ラップ口座の「ラップ」は、ラッピングのラップです。つまり「包む」という意味。あらゆる資産管理を金融機関に丸投げし、完全に任せてしまうことができます。もともとは富裕層向けのサービスだったのですが、それを小口化、つまり少額の資金(300万円〜500万円)からも利用できる「小口ラップ口座」がスタートしたことで、裾野が一気に広がりました。マネックス証券のラップ口座「MSV LIFE」の最低運用金額は1万円です。

「小口ラップ口座」が本格始動することで、いよいよ個人の預金もターゲットにされることになります。

プロに一任=判断放棄

プロに運用を一任するラップ口座は便利そうに見えますが、ラップ口座運用に否定的な金融専門家も多いのも事実。最大の理由は、投資判断の放棄につながるからです。そもそも投資はリスクとリターンバランスを各人で判断し大切な資金を運用するもの。そのためには自ら金融商品について学び、リスクリワードを考えるなど、金融リテラシーの向上が欠かせません。

一方のラップ口座は、いわば投資のプロに一任することです。つまり、丸投げ。金融機関は自分たちのお金ではないのでそれらが減っても痛くも痒くもない。しょせん他人の金です。それでも手数料(年率2%前後)だけはしっかり徴収されます。金融機関にとってラップ口座顧客はいいカモということです。

金融機関のあの手この手に騙されるな

そもそも金融機関がこれまでに販売してきた金融商品で、まともなものはほとんどありません。中には元本割れを起こして被害を拡大させ社会問題化した金融商品も少なくありません。分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)で紹介した「日経平均リンク債」などもその一つ。

経済評論家の山崎元氏も以下のように述べています。

はっきり言おう。現在、大手の金融機関で注力しているラップ口座での運用はやめた方がいい。

引用:ラップ口座が明らかにダメな4つの理由

山崎元氏が述べるラップ口座運用のリスクとは以下の4つ。

  1. 運用の判断放棄は危険
  2. 金融機関は「適切なリスク」を判断できない
  3. 手数料水準が高すぎる
  4. 手数料の高い運用商品が選ばれるリスク

ゆうちょ銀行の窓口の女性が放ったひと言

金融機関はあの手この手であなたの虎の子を狙っています。あのゆうちょ銀行ですら、です。

先日ゆうちょ銀行で税金を支払う機会がありました。窓口の行員が通帳を私に返しつつ「お口座にあるお金ですけど、もっと有利な運用されてみてはいかがですか?」と勧誘してきたのには正直驚きました。口座に残っていた金額は100万円程度です。

マニュアル通りの営業トークとはいえ、あのゆうちょ銀行ですら積極的に金融商品を買わせようとするその貪欲さに、若干気圧されてしまいました。

おそらくゆうちょ銀行では高齢者を軒並み勧誘しているのでしょう。(ゆうちょ銀行なら大丈夫)などと根拠のない判断で、多くの高齢者が話に載ってしまうのではないでしょうか?

 よく読まれている記事

「勝つ投資 負けない投資(著:片山晃)」
「勝つ投資 負けない投資」低評価レビューに対する個人情報開示請求の”是非”

現在も荒れ放題の「勝つ投資負けない投資」Amazonレビュー欄 片山晃氏執筆の「勝つ投資 負けない投資」のAmazonレビュー欄が未だに荒れていますね。 「勝つ投資 負けない投資」…

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっています。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持って…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…

億超えトレーダー
億超えトレーダーが語る「ここまで稼いだ技」

億超えトレーダーの手法を知りたい 別冊SPA!(2015年5月22日発行)に興味深い記事が載っていたので、レビューします。 30代~40代「格差社会を勝ち抜く裏の道」読本 (別冊S…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深いです。タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの…

天才トレーダーBNF
”BNF”の手法を1時間で理解する〜BNF動画を時系列に並べてみたら彼の投資スタイルが見えてくる?

BNFの映像を時系列に並べてみたくなった 言わずと知れた天才トレーダーBNF。 最近はメディアに出ることも少なくなってきましたが、個人投資家の間ではいまなお天才投資家として語り継が…

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いはず。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディア…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年です。2005年までは毎年発表されていました。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)…

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」です。 彼のブログ・T…

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です…