なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?

金の投資詐欺で被害総額6億円超

NHKニュースで金の投資詐欺事件が報じられています。260名から総額6億円以上をだまし取っていた詐欺事件

金の投資話で詐欺容疑6人逮捕

金の延べ板を分割払いで販売すると、うその投資話をもちかけて、兵庫県の高齢者などから現金をだまし取ったとして、大阪の貴金属販売会社の社長ら6人が詐欺の疑いで逮捕されました。警察は、被害額が6億円を超えるとみて捜査しています。

逮捕されたのは、大阪・中央区の貴金属販売会社、「エコライフプロモーション」の社長、平田秀明容疑者(47)と幹部らのあわせて6人です。

捜査関係者によりますと、平田社長らは、平成24年から翌年にかけて、兵庫県内の70代の女性など3人に、金の延べ板を分割払いで販売するとうその投資話をもちかけ、現金数百万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。

平田社長らは、「分割払いが終われば金の延べ板を渡す。少額からできる投資だ」と客を勧誘していましたが、実際は、金をほとんど所有していなかったとみられるということです。
警察は、関西地方の高齢者を中心に、およそ260人から6億円以上をだまし取っていたとみて実態の解明を進めています。

引用:NHK NEWS WEB 01月19日 11時52分

朝日ユニバーサル貿易の「残党」によって設立された詐欺会社だった!

実は今回の金詐欺事件の舞台となった「エコライフプロモーション」は、2008年に倒産した商品先物取引会社「朝日ユニバーサル貿易」の残党(元社員)によって設立された会社です。

朝日ユニバーサル貿易の残党(元社員)によって設立された会社は「エコライフプロモーション」だけではありません。貴金属販売会社「ジェーシーアイ」(大阪市中央区)も、同会社の残党が設立した会社です。このジェーシーアイも金の投資詐欺で6億円近くを集め、経営陣が逮捕起訴されています。

ジェーシーアイといい、今回のエコライフプロモーションといい、すべての元凶は「朝日ユニバーサル貿易」にあるといえますね。朝日ユニバーサル貿易での取引や勧誘のノウハウを悪用して、高齢者を騙し詐欺をおこなっていたということです。

金投資詐欺の手口はこうだ

彼らの詐欺の手口は次のとおり。

最初に行なうのは電話による勧誘。その後アポイントを取って自宅を訪れ、訪問販売を行なう。有望な投資商品として「金」や「白金」を分割払いで購入することをすすめる(割賦販売)。その時の誘い文句は「値上がり時に途中解約すれば、金の売却益を受け取れますよ!」。

分割払いで代金の全額を振り込んだ後に、地金を渡す約束をするですが、実際には渡さない。そもそも渡すだけの地金を保有していないのです。まさに架空取引です。そして代金返金を求める客を無視する。こんなことをしていてはいずれ破綻することは目に見えています。つまり最初から破綻することを前提に詐欺を働いているのです。

騙し取られた6億円のうち、被害者の手元に戻るお金はごく僅かでしょう。その大半は闇の中です。どこかに隠されているか、資金洗浄されて誰かの懐に入っているはず。

マインドコントロールされる高齢者

それにしても投資詐欺にダマされる人が後を絶ちません。被害者のほとんどが高齢者です。

「電話勧誘+訪問販売によるクロージング」では、非常に巧妙なマニュアルが作られているのをご存知でしょうか。出口(言い訳)を塞ぎ、人間の欲を刺激することで、マインドコントロールされてしまうのです。こうした詐欺マニュアルは、裏で高値で取引されています。詐欺を働く悪党どもが、このマニュアルを購入し、新たな投資詐欺を始めるわけです。

高齢者をマインドコントロールしてお金を集める手口は、今後もなくなることはないでしょうね。

 よく読まれている記事

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻す…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…

君は「闇株新聞」を知っているか?
君は「闇株新聞」を知っているか?

君は「闇株新聞」を知っているか? 名前からしておどろおどろしい「闇株新聞」。業界ではかなり有名なサイトであり、様々なメディアにも寄稿しているので見聞きしたことのあるかもしれません。…

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

配偶者控除が廃止された日本で起こること
配偶者控除が廃止された日本で起こること

103万円の壁は撤廃されるのか? 配偶者控除廃止に関する議論が日に日に高まっていますね。配偶者控除とは、扶養されている妻が無収入であったりパートで働いている状況で、妻の年収が103…

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップです。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的です。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキ…

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知ですか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロ…

資産200億円投資家cisに迫る
伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失 数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された cis氏をご存知でしょうか。200億円投資家であり、たび…

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている
「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている 最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。 ラップ口座、陰る成長 運用苦戦で細る資金流入 ラップ口座残高4年ぶり減 6月末 …

株式投資は素人には難しいのか?
「投資は素人には難しい?そんなことはないよ」by ウォーレン・バフェット

一億総老後崩壊社会の到来を目前にして… 日経平均の乱高下が連日ニュースを賑わせています。ネットでは一瞬で大金を失った人や短時間で数十億円の大金を稼いだ人の話でもちきりですね。 これ…

株式投資の理論と実践
日本株式市場で総資産1億円達成!!!

【完全版】日本株式市場で総資産1億円達成!!! 2ちゃんねるで最近話題になっているブログ(記事)を紹介します。【完全版】『日本株式市場で総資産1億円達成!!!』というFC2ブログの…

10月4日は投資の日だって知ってた?
10月4日は投資の日だって知ってた?

10月4日は投資(10+4)の日だって知ってた? 先日、10月4日は投資の日(語呂合わせ)だとして、日本証券業協会が投資キャンペーンをおこないました。以下は東京MXTVのニュースで…