「お金をドブに捨てるようなもの!」ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

ヘッジファンドを痛烈に批判するバフェット氏の意図とは?

「お金をドブに捨てるようなもの!」

ウォーレン・バフェット氏がヘッジファンドを痛烈に批判しています。

バフェット氏といえば、2017年版の世界長者番付で第2位の超お金持ち投資家です(ちなみに1位はビル・ゲイツ)。彼の総資産は756億ドル。

そんなバフェット氏がヘッジファンドに悪態をついています。

バフェット氏のヘッジファンド批判「ドブに捨てるようなもの」

「オマハの賢人」との異名をとる、世界最大の米投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)のウォーレン・バフェット氏(86)は2月25日、同社株主に宛てた毎年恒例の書簡を公表し、「大したリターンも生み出さないのに、手数料だけはバカ高いヘッジファンド」に対する猛批判を展開して、注目された。

引用:ZUUonline

批判の対象となっている「ヘッジファンド」とは、複雑な手法であらゆる相場環境において(相場が上がっても下がっても)利益を生み出そうとする絶対収益を追求する運用方法のこと。お金持ちや機関投資家を顧客に持ち、動かすお金も莫大です。

そんなヘッジファンドを「過去10年間で、投資家たちは手数料が高く、リターンの低いヘッジファンドに対する手数料の支払いで、推定1000億ドルをどぶに捨てた」とバフェットは辛辣に批判したのです。

その一方でバフェット氏は、インデックス投資の優位性に対する以下のような見解を示しています。

市場平均と同程度の運用成績を目標とした投資スタイルであるパッシブ運用が、一般投資家には向いている

(中略)

バークシャー・ハサウェイの運用戦略も、そうした低コストで質素な「インデックス投資」に沿っており、「他の運用戦略よりも、はるかに良い選択肢だ」と述べた。

インデックスvsアクティブ

インデックス投資とアクティブ投資は常に比較される運命にあります。歴史を振り返れば、たしかに米国ではインデックス投資が安定した収益を生み出していることがわかります。

一方のアクティブ投資が、市場平均を上回り続けることの困難さも、明確に証明されていることも事実。バイ・アンド・ホールド(長期投資)が基本であるインデックス投資は、まさに経済成長に投資をしているようなもの。長期的に成長が期待されるのであれば、インデックス投資をおこなうメリットは十分にあります。

しかしながら現在の日本においては、経済そのものが停滞しています。少子高齢化がかつてないほどの勢いで進み、日本そのものが衰退の一途を辿っているなかで、日本株のインデックスに投資をするという行為は、泥舟に乗り込むようなものです。

実際にバブル崩壊以降、日経平均は一度たりとも当時の最高値(38,957円44銭/1989年12月29日の大納会)を更新していないのです。

インデックス投資の優位性を説くアナリストに騙されてはいけません。アメリカ経済と日本経済を混同してはいけないのです。

日本以外の先進国のインデックスに投資するか、日本国内でアクティブ投資するか

ではどうするか?

1つは、思い切って「世界」に投資することです。先進国(アメリカなど)を始めとする世界経済全体の株式に投資をすれば、経済成長の恩恵にあずかることができます。

以前紹介した「50%以上の確率で億万長者になる方法」もその一つ。

【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

そしてもう一つはリスクテイクして、日本国内でアクティブ投資をおこなうという選択です。運が良ければ短期間で億を目指すことも不可能ではありません。その一方であなたの資産を大きく毀損してしまうリスクも大きいのも確か。

少なくとも日本株のインデックス投資に未来はないのだから、日本株で勝負するならばアクティブ投資をおこなう他に道はありません。身も蓋もない話ですが、これが現実です。

 よく読まれている記事

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にしました。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投…

ドイツ銀行破綻危機
「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」

ドイツがおかしい ドイツで何かが進行しつつあります。 先月8月22日に、ドイツ政府が全国民に「10日間の食料」「5日分の水」そして「現金」を備蓄することを推奨する民間防衛計画を発表…

「勝つ投資 負けない投資(著:片山晃)」
「勝つ投資 負けない投資」低評価レビューに対する個人情報開示請求の”是非”

現在も荒れ放題の「勝つ投資負けない投資」Amazonレビュー欄 片山晃氏執筆の「勝つ投資 負けない投資」のAmazonレビュー欄が未だに荒れていますね。 「勝つ投資 負けない投資」…

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める
自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

年金というのは生きるリスクに対してかける保険だ 「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と語るのは竹中平蔵氏。言われてみればすごく当たり前のことですが、妙に腑に落ちる言葉…

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資をスタートするが・・・

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投資を始めた お笑いピン芸人「ガリガリガリクソン」が株式投資をスタートしたそうです。身長176cm、体重108kgという巨漢のピン芸人で、一時期…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件
株初心者必読!足立武志の株式レポートが読み応え抜群な件

楽天証券のマーケットコラムの1つである足立武志の株式レポートが、非常に面白く、読み応えがあるので紹介します。 足立武志 知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識 足立武志…

株価上昇で「カモ」争奪戦勃発
【トランプ相場】株価上昇で火ぶたが切られた「カモ」争奪戦

トランプ相場を期待して証券会社や銀行による「カモ」争奪戦勃発 株価上昇に伴い、証券会社や銀行の周辺が慌ただしくなっています。連日ニュースで株価上昇が取り上げられ、投資に関心を持って…

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介し…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年です。2005年までは毎年発表されていました。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)…