ZONE~NEW WORLD~【購入レビュー】

ZONE~NEW WORLD~【購入レビュー】

ZONE~NEW WORLD~【購入レビュー】

C評価

「ZONE~NEW WORLD~」検証とレビュー

日経225先物取引のための投資マニュアル

「ZONE~NEW WORLD~」は日経225先物に特化した投資ノウハウです。

ZONE~NEW WORLD~
ZONE~NEW WORLD~
販売元:菅原 弘二
発売日:2017/12/06
メディア:動画・PDF
http://best-investment.biz/zone/sec.html

販売者は、過去に同様の投資商材を多数販売してきた「菅原弘二」氏。彼がこれまでに販売してきた商材がこちら。

日経225先物取引とは?

日経225先物取引は、日経225が将来的に上がるか下がるかを予想する取引です。詳しくは以下のレビュー記事でも書きました。

日経225先物取引について解説します

株式投資経験者でも、日経225先物取引はやったことがないという人は多いのではないでしょうか。”先物”という少し難解なシステムに苦手意識を持っている人もいると思います。

『Alchemy(アルケミー)』『FURAIBO 225』をレビューする前に、日経225先物取引について簡単に解説します。仕組みは複雑ですができるだけ簡素に解説してみたいと思います。

日経225とは

日経225先物について語る前に、まず日経225について知る必要があります。日経225とは、いわゆる日経平均株価です。東証一部上場の代表的な企業225社の株価を平均化(修正平均)した株価指数のこと。

以下のニュース画像を見てください。日経平均株価の右横にNikkei225と記載がありますね。

日経225(日経平均株価)
出典:http://www.news24.jp/articles/2015/09/08/06308994.html

テレビのニュースで誰もが目にする日経平均株価こそ、日経225なのです。意外とこのことを知らない人も多いですね。日本の景気を語る際に、必ず持ち出される指標の1つが日経平均株価、つまり日経225です。

日経225を構成する銘柄とは

日経225は、その名の通り東証一部上場企業の225社の銘柄が組み込まれています。日本を代表するメジャーな企業ばかりです。たとえば…

  • トヨタ、日産などのメーカー銘柄
  • 三菱東京UFJ、みずほなどの銀行銘柄
  • キリン、アサヒ、サッポロなどの食品銘柄
  • 電通、東宝、ヤフーなどのサービス銘柄
  • 三井造船、川崎重工などの造船銘柄
  • 大成建、大林組、清水建、鹿島などの建設銘柄

誰もが聞いたことのある超有名企業ばかりが225社、選ばれています。(銘柄は定期的に見直し・入れ替えがおこなわれます。)

日経225先物の仕組みについて知ろう

まず日経225をベースにした金融商品には、2種類あることを解説します。

  • 日経225先物
  • 日経225オプション

どちらも耳にしたことがあるかもしれません。日経225オプションは、仕組みが複雑で文章だけで解説することに限界があります。また今回の記事で紹介している『Alchemy(アルケミー)』や『FURAIBO225』は日経225先物のための教本・ツールですので、オプション取引についての解説は割愛します。

では日経225先物の解説をしていきます。商品の仕組みよりも、大まかな概要だけをざっくり説明します。将来の日経平均価格を予測し「日経平均の指数」を売り買いしてその差額で儲けを得る金融商品、それが日経225先物です。

厳密に言えば、日経平均株価=日経225先物の価格、ではありません。日経225先物は「指数の価格」です。ただ日経平均株価と日経225先物の価格はほとんどリンクして動くので、日経平均株価=日経225先物の価格であると考えても大きな問題はないでしょう。

日経平均株価の1000倍の取引ができるので、株価が10円動けばその1000倍、つまり1万円の損益が発生します(1枚あたり)。日経平均が100円動けば、10万円の利益or損失になるということです。1枚につき10円の値動きで1万円動くと覚えておけば間違いないでしょう。

このダイナミックさが日経225先物の魅力の一つです。日経平均は1日で数百円動くことはザラにあるので、得られるリターンも大きいのが特徴です。その分リスクも大きいことを覚えておく必要があります。

日経225miniは、日経225先物の10分の1

日経225miniは、日経225先物の取引単位を10分の1にしたものです。つまり10円の値動きで1000円の損益が発生することになります。日経225miniに対して、日経225先物はラージと呼ばれます。

日経225先物mini
出典:SBI証券 ミニ日経225先物取引

シンプルかつハイレバレッジで投機性の高い金融商品、それが日経225先物だ

将来の価格を予測して投資する、という点においては株式投資と似ているかもしれません。しかし日経225先物は、株式投資と大きく異る点が2つあります。

  1. レバレッジがかけられる
  2. 株価が上昇しても下落しても利益をあげられる

日経225先物の最大の特徴は、レバレッジです。100倍から1000倍のレバレッジで取引が可能です。もちろん株式投資でもレバレッジをかけることが可能(信用取引)ですが、現物取引が基本ですね。

日経平均の価格を予測してトレードしますが、上昇を予測しても下降を予測してもOK。「買い」「売り」どちらでも仕掛けることが可能です。

日経225先物は非常にシンプル(日経平均に連動)なので、その取組みやすさから人気のある金融商品となっています。しかも最大で1000倍のレバレッジがかけられるため、ダイナミックです。得られる利益も大きいがリスクも大きいため、その本質は投資というよりも投機であるといえますね。

引用:トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)と日経225先物取引

動画で日経225先物の仕組みをおさらいしたい場合は、以下のYouTube動画がオススメです。

「ZONE~NEW WORLD~」の特徴

少ない証拠金でスタート可能な「日経225mini」を中心に解説

日経225先物は、取引単位によって「日経225(ラージ)」「日経225mini」の2つの商品があります。

  • 日経225先物(ラージ)…日経平均の1000倍
  • 日経225mini(ミニ)…日経平均の100倍(ラージの10分の1)

「ZONE~NEW WORLD~」のマニュアルでは、主に日経225miniでの取引を中心に解説しています。さらに日経225miniの10分の1の証拠金からスタートできるCFD取引も推奨されているため、より少ない資金から先物取引ができます。

10万円程度の資金があれば、日経225先物取引に取り組むことは可能です。

基本ロジックは「3つのトレンドフォロー戦略」

「ZONE~NEW WORLD~」の基本ロジックは、「菅原弘二」氏が過去に販売してきた投資商材と大きく変わっていません。

相場の局面に応じたロジックを柔軟に使い分けるというものです。基本となるのは3つのトレンドフォロー戦略。

  • 短期戦略プラン…16:30仕掛け〜15:15手仕舞い(早期利確狙い)
  • 中期戦略プラン…16:30仕掛け〜16:30手仕舞い(短期利確狙い)
  • 長期戦略プラン…16:30仕掛け〜16:30手仕舞い(長期利確狙い)

局面毎に複数ロジックを使い分けることで、利益を最大化していく狙いです。

レンジ相場を狙い撃ちする「カウンタートレード(逆張り)戦略」

基本は3つのトレンドフォロー戦略ですが、「ZONE~NEW WORLD~」ではさらにレンジ相場に対応した「カウンタートレード(逆張り)戦略」が用意されています。

3つのトレンドフォロー戦略に1つのレンジ戦略を加えた、計4つのロジックが「ZONE~NEW WORLD~」の内訳となります。

相場の流れを「春」「夏」「秋」「冬」という4つの局面に分類

相場を4つの局面に応じて「春」「夏」「秋」「冬」と名付けているのは面白いですね。これは本当の季節を表すのではなく、相場の流れ(波)を四季に見立てているわけです。相場は大きな流れを持ち、一定のサイクルを繰り返しているという「菅原弘二」氏の考えによるものです。

各局面での「短期・中期・長期」、さらには、「順張り」「逆張り」を組み合わせるため、ロジックはかなり細かく分かれます。

各ロジックのルールは慣れるまでは多少煩雑に感じるかもしれませんが、「ロジック表」が用意されているので、確認しながらトレードすることが可能です。

テクニカル+裁量トレード

「ZONE~NEW WORLD~」はチャートに設定した複数のテクニカル指標(インジケーター)を目視で判断し、裁量を加えてトレードをおこなうスタイルです。

「菅原弘二」氏の過去商材も同様でしたね。MACD、ボリンジャーバンド、ストキャスティクスなど複数のテクニカルを組み合わせて仕掛けのタイミングを探ります。

会員専用サイトの動画で学ぶ

「ZONE~NEW WORLD~」を購入すると、会員専用サイトへのアクセス権が付与されます。

会員専用サイト内には、テキストに加えトータル3時間を超える解説動画が用意されています。各動画を視聴しながらテキストで日経225先物の基礎から投資手法までを学んでいきます。

体系化されたカリキュラムは、初心者でも十分に理解できるものであり、高く評価できます。

  • Capter1…常勝するトレーダーになり、最高の結果を出す為に最強の環境を整える
  • Capter2…これからすぐにでも結果を出せるように、5年以上継続して常勝し続けている投資法の戦略を理解する
  • Capter3…年間通して最高の結果を出せるトレーダーになる為に結果が出る要因(ファクター)を理解する
  • Capter4…5年以上勝ち続け1億5300万円もの利益を上げている投資法をマスターし、利益確定ラッシュを巻き起こす

「ZONE~NEW WORLD~」に優位性は存在するのか?

6年で1億5000万円は机上の空論(絵空事)

「ZONE~NEW WORLD~」の販売ページには、過去6年間(2012年1月〜2017年10月)に渡る収益が掲載されています。100万円を元手にスタートし、最終的に1億5440万円にまで資金が膨れ上がっています。

しかし、残念ながらこれらの成績は「机上」にすぎません。たんなるシミュレーションです。しかも大いに裁量判断が含まれているため、いかようにも都合よく見せることが可能です。

100%システムトレードであれば、過去データを元にした収益シミュレーションは意味があります。しかし「ZONE~NEW WORLD~」は大いに裁量が入ります。

「菅原弘二」氏が実際に100万円からトレードして1億5000万円まで資産を増やした実績ではありませんので、その点は十分に注意する必要があります。

なぜフォワード成績を掲載しないのか?

「ZONE~NEW WORLD~」の優位性を証明したいならば、「菅原弘二」氏本人のトレード実績を掲載するべきです。しかしながら、彼のフォワード実績は、過去商材を含め一度も公開されたことがありません。なぜなのでしょうか?

実践者(モニター)の1〜2ヶ月程度の短期な実績は販売ページで公開されているのですが、「菅原弘二」氏本人の実績がどこにも見当たりません。そもそも本人がトレードしていないという可能性もあります。

なぜ、フォワード成績(実績)を後悔しないのか?「菅原弘二」氏の商材を購入検討しているならば、本人に直接その「疑問」をぶつけてみてはいかがでしょうか?

「あなたは本当にトレードしているのですか?」
「その実績を見せてもらうことは可能ですか?」

と。

ZONE~NEW WORLD~
ZONE~NEW WORLD~
販売元:菅原 弘二
発売日:2017/12/06
メディア:動画・PDF
http://best-investment.biz/zone/sec.html

「ZONE~NEW WORLD~」の欠点

まず「ZONE~NEW WORLD~」のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.販売者である「菅原弘二」氏の実績が不明であること

菅原弘二氏の実績は、これまで一度も公開されたことがありません。過去商材で提示された収益シミュレーションは、都合よく取りまとめたデータであり、たんなる「絵に描いた餅」です。モニターさんによる実績は掲載されていますが、どれも超短期的な成績ばかり。1年〜数年に渡る実績公開は皆無です。

これがなにを意味するのか?よく考えた上で検討をすべきでしょう。

商材の欠点
  1. 販売者である「菅原弘二」氏の実績が不明であること

「ZONE~NEW WORLD~」の評価点

次に「ZONE~NEW WORLD~」の評価できるポイントを解説します。

1.日経225先物の入門書としては評価できる

日経225先物取り引きをこれから始めてみたい人にとっては、適切な入門書といえます。体系化されたカリキュラムが用意されていて、証券口座の解説手順(基礎)から具体的なトレード方法(実践)までを段階的に学ぶことができます。

2.相場の局面に応じた複数のロジックを学ぶことができる

3つのトレンドフォロー戦略に加え、レンジ相場を攻略する戦略を学ぶことで、あらゆる相場に順応した手法を手に入れることができます。

ロジックは全て公開されているので、「ZONE~NEW WORLD~」で学んだ手法をベースに、いずれは自分だけのオリジナル手法をアレンジすることも可能です。

商材の良点
  1. 日経225先物の入門書としては評価できる
  2. 相場の局面に応じた複数のロジックを学ぶことができる

「ZONE~NEW WORLD~」総合評価

C評価

【結論】初心者が取り組むための基礎知識、実践までの流れなど、体系化されたマニュアルが用意されていて、日経225先物「入門マニュアル」として捉えるならばそれなりに評価できる
しかし肝心のロジックの「優位性」は不透明だ
フォワードデータも非公開であるため購入は慎重に…

これまでに多くの日経225先物商材をリリースしてきた「菅原弘二」氏ならではの、完成度の高いマニュアルです。はじめて日経225に取り組むための基礎知識から実践までを体系的に学ぶことができる商材です。

とはいえ、ストラテジーの優位性については一切担保されていないというのが実情です。その点を考えると、購入に慎重になってしまうのは仕方がないでしょう。

商材の良点
  1. 日経225先物の入門書としては評価できる
  2. 相場の局面に応じた複数のロジックを学ぶことができる
商材の欠点
  1. 販売者である「菅原弘二」氏の実績が不明であること

「ZONE~NEW WORLD~」を購入するべき人

  • これから日経225先物取引を始めてみたい人
  • ロジックが100%公開されている手法を学びたい人

「ZONE~NEW WORLD~」を購入してはいけない人

  • 販売者(開発者)の実績が非公開である点に疑問を感じる人
  • 6年で1億5000万円というデータを鵜呑みにする人
ZONE~NEW WORLD~
ZONE~NEW WORLD~
販売元:菅原 弘二
発売日:2017/12/06
メディア:動画・PDF
http://best-investment.biz/zone/sec.html

 よく読まれている記事

菅原式日経225先物デイトレード塾
菅原式日経225先物デイトレード塾【購入レビュー】

『菅原式日経225先物デイトレード塾』購入レビュー 日経225先物のオンラインスクールをリリース 日経225先物の情報商材を専門に販売している「菅原弘二」氏。彼がこれまでにリリース…

スーパースキャルピング225
スーパースキャルピング225【購入レビュー】

『スーパースキャルピング225』購入レビュー 日経225mini(ミニ)専用の”MetaTrader4サインツール”だ 『スーパースキャルピング225』は、日経225先物(ミニ)取…

トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)検証レビュー
トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)と日経225先物取引

トレードサイン生成ツールAlchemy トレードサイン生成ツールAlchemyは日経225先物取引専用のシグナルツールです。ちなみにAlchemy(アルケミー)とは、”錬金術”とい…

日経ドカン!
《完全無料》18ヶ月無敗投資 『日経ドカン!』【検証レビュー】

『《完全無料》18ヶ月無敗投資 【日経ドカン!】』検証とレビュー 『即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信』の兄弟版ともいえる商材の登場です。その名も『日経ドカン!』。 前作『株ドカン!…