紫垣デイトレード塾【購入レビュー】

紫垣デイトレード塾【購入レビュー】

紫垣デイトレード塾【購入レビュー】

B評価

『紫垣デイトレード塾』検証とレビュー

柴垣英昭氏によるデイトレード手法マニュアル

『紫垣デイトレード塾』の著者は、柴垣英昭氏。彼は、「うねり取り」の相場師朗氏と並んで株式投資商材業界で著名な人物の一人です。

紫垣デイトレード塾
紫垣デイトレード塾
販売元:オープンエデュケーション株式会社
発売日:2015/03/09
内 容:PDFテキスト・動画
http://net-trade.jp/公式サイト

過去には相場師朗氏とタッグを組んで『富豪ファミリープロジェクト』と呼ばれるビッグプロジェクト(投資塾)をリリースしたこともあります。

富豪ファミリープロジェクト第3期 【検証とレビュー】

柴垣英昭氏自身も、複数の株式投資商材をリリースしており、いわば商材製造メーカーというところです。

紫垣デイトレード塾
紫垣デイトレード塾
販売元:オープンエデュケーション株式会社
発売日:2015/03/09
内 容:PDFテキスト・動画
http://net-trade.jp/公式サイト

「低位株(ボロ株)デイトレード」を得意とする柴垣英昭氏

「低位株短期トレーディング戦略」とは

著者である柴垣英昭氏の投資手法は、基本的にどの商材も大差ありません。

彼の得意手法は、「低位株短期トレーディング戦略」です。

低位株とは、株価それ自体が相場全体の株価水準に比べ著しく低い銘柄のことを指します。いわゆる「割安株」とは異なります。

  • 低位株…株価それ自体が相場全体の株価水準に比べ著しく低い銘柄
  • 割安株…本来の価値に比べて何らかの理由で一時的に割安になっている銘柄

低位株は、500円〜300円以下の株式が中心で、別名「ボロ株」とも呼ばれています。

低位株=ボロ株

このボロ株に狙いを定め、スキャル〜デイトレで利ざやを抜いていく手法、それが柴垣英昭氏のベース手法となっています。

実際に「低位株(=ボロ株)」に関連した書籍も出版しています。それがこちら。

低位株投資法のメリットとは?

柴垣英昭氏の得意とする「低位株投資」のメリットとは何でしょうか?

「ボロ株」「くず株」と揶揄されるくらいに株価が低いため、元手が少なく済むという点がまず挙げられます。そもそもなぜ株価が低いのか?一例を挙げるなら「銀行株」などには低位株が多いです。成熟産業であり、今後もマーケットの目を引く材料が出にくいことから、低位株となってしまうわけです。

また株価が低いため値動きが大きく、短期のトレードに向いていることです。1万円の株価が20%アップしても12000円です。一方100円の株価であれば、わずか20円あがるだけで20%を達成できるわけです。低位株がデイトレ(スキャル)に向いている最大の理由です。(もちろん裏を返せばリスクも大きいと言えます)

そして株価が低ければそのぶんだけ大きな単位で(まとまって)取引ができる点も魅力です。元手100万円に対し、1000円の株ならば1000株しか買えません。一方100円の株ならば、一万株も買うことが可能にあります。大きなロットで株を保有し、わずかな値動きで利ざやを抜くことができるため、デイトレやスキャル向きです。

株リッチプロジェクトも富豪ファミリープロジェクトも「低位株デイトレ戦略」

柴垣英昭氏が過去にリリースした『株リッチプロジェクト』『KMSプロジェクト』そして相場氏とのコラボ商材『富豪ファミリープロジェクト』も、どちらも低位株(ボロ株)に特化したデイトレ手法マニュアルです。

株価が2倍〜3倍になる可能性の高い銘柄として、低位株(ボロ株)87銘柄をリストアップし、それらをデイトレによって利ざやを抜く手法が解説されています。

『紫垣デイトレード塾』で学べること

やっぱり「低位株」でのデイトレード手法が中心

今回レビューする『紫垣デイトレード塾』も、「低位株(ボロ株)デイトレード戦略」がベースになっています。

マニュアル内では、デイトレードに適した銘柄リストが特別に公開されているのですが、それらはすべて「低位株=ボロ株」と呼ばれる銘柄が中心です(低位株以外にもデイトレにマッチした複数の銘柄抽出法が解説されています)。

テクニカル分析を否定し「時間軸」で仕掛ける

『紫垣デイトレード塾』では、チャート分析を無意味だと大胆に言い放っています。その理由は、いわゆる「遅効性のワナ」にあります。

テクニカル指標には遅効性という特徴があり、実際の売買タイミングよりも遅れて反応するため、特にデイトレ(スキャル)などには不向きであるというのです。

では何を判断材料として売買するのか?

それは「時間」です。『紫垣デイトレード塾』では「時間軸戦略」と呼んでいます。デイトレに適した時間帯に集中し、厳選銘柄の初動を捉えて仕掛けるというシンプルな手法です。

デイトレにマッチした時間帯とは、

  • オープニングレンジ(寄り付きから30分〜1時間)
  • 前引け前30分間
  • 大引け前(14時30分〜15時)

などです。世の中にはオープニングレンジだけ取引するという個人投資家も多数存在します。

こうした取引が活発化する時間帯に絞って、厳選銘柄の初動に飛び乗り、瞬時に利ざやを抜き取る戦略こそが『紫垣デイトレード塾』で学ぶことのできる投資法です。

紫垣デイトレード塾
紫垣デイトレード塾
販売元:オープンエデュケーション株式会社
発売日:2015/03/09
内 容:PDFテキスト・動画
http://net-trade.jp/公式サイト

『紫垣デイトレード塾』の欠点

まず『紫垣デイトレード塾』のデメリットについて解説します。以下の欠点が許容できない人は買うべきではないでしょう。

1.チャート張り付きが前提であること

寄り付きでの取引が中心となるため、やはりチャート張り付きは必須です。サラリーマンや忙しい方には不向きの手法です。デイトレード(というかスキャルに近い)なので、気を抜くことはできません。それなりにストレスのかかる手法である点に注意が必要です。

2.「塾」と名がつくがスクールではない

『紫垣デイトレード塾』には「塾」と名がついていますが、スクールではありません。PDFテキストと動画解説による投資マニュアルです。

1年間の回数無制限サポートやスカイプコンサル(要予約)は付属していますが、紫垣氏と相対しての投資レッスンではありません。

一般的な投資塾にあるような「リアルセミナー」や「懇親会」などはありません。

3.”空売り”もおこなう点に注意が必要

『紫垣デイトレード塾』では空売りもおこないます。空売りによって下落相場でも利益を得るチャンスが広がりますが、当然リスクも存在します。損失リスクは無限大となる空売りは、慎重に取り組むことが求められます。

商材の欠点
  1. チャート張り付きが前提であること
  2. 「塾」と名がつくがスクールではない
  3. ”空売り”もおこなう点に注意が必要

『紫垣デイトレード塾』の評価点

次に『紫垣デイトレード塾』の評価できるポイントを解説します。

1.8時間を超える動画マニュアル付き

PDFテキストだけでなく、動画解説も充実しています。8時間を超える動画は、実際のチャートを利用した取引解説が中心で、初心者でも理解しやすいコンテンツとして仕上がっています。

2.低位株デイトレードに興味があるなら検討しても良いかも

柴垣英昭氏の得意分野である「低位株トレード法」に、トレード時間という戦略を加えたものが『紫垣デイトレード塾』です。低位株トレードやデイトレードに興味があるならば、検討しても良いかもしれません。

ただし、チャート張り付きは必須なので、その点は事前に考慮すべき。

3.日経225miniのデイトレード法も付属

日中の取引が困難な方向けに、日経225miniのトレード法も「おまけ」として付属しています。

商材の良点
  1. 8時間を超える動画マニュアル付き
  2. 低位株デイトレードに興味があるなら検討しても良いかも
  3. 日経225miniのデイトレード法も付属

『紫垣デイトレード塾』総合評価

B評価

【結論】値動きの激しい時間帯に、株価の初動を捉えるスキャルピング手法は、利益も出しやすいが同時に損失も発生しやすい極めて難易度の高い手法といえる

いわゆる寄り付きの初動に飛び乗るスキャルピング手法と考えれば、おおむね間違っていません。寄り付きで上昇しているものを買い、下落しているものを売るというシンプルな手法です。そこに、紫垣氏ならではの銘柄選定を加えることで、優位性を高める工夫がなされています。

値動きの激しい時間帯を狙っての短期トレードは、非常にストレスフルです。わずかな時間に利ざやを抜き取る手法に加え、「空売り」も併用するため、リスクは増大します。どちらかと言えば中級者向きの投資商材といえます。

デイトレなので、チャート張り付きは不可欠です。サラリーマンや忙しい方には不向きな手法である点に注意が必要です。

商材の良点
  1. 8時間を超える動画マニュアル付き
  2. 低位株デイトレードに興味があるなら検討しても良いかも
  3. 日経225miniのデイトレード法も付属
商材の欠点
  1. チャート張り付きが前提であること
  2. 「塾」と名がつくがスクールではない
  3. ”空売り”もおこなう点に注意が必要

『紫垣デイトレード塾』を購入するべき人

  • デイトレードに興味がある人
  • 低位株(ボロ株)トレードに興味がある人
  • 日中(とくに午前)チャート張り付きが可能な人

『紫垣デイトレード塾』を購入してはいけない人

  • チャート張り付きが困難な人
  • 慌ただしいデイトレードが嫌いな人
紫垣デイトレード塾
紫垣デイトレード塾
販売元:オープンエデュケーション株式会社
発売日:2015/03/09
内 容:PDFテキスト・動画
http://net-trade.jp/公式サイト

 よく読まれている記事

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
7step株式投資メソッドの”相場師朗”は信用できるのか?

【相場師朗】 7step株式投資メソッドを購入した 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その1 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その2 7step株式投…

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3
相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】 相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2 相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その4 相場ゼミ無料講座 第2話 前回に引き続き、相場ゼミ無料講座の概要を…

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2
相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その2

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】 相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3 相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その4 相場ゼミ無料講座 第1話 相場ゼミ第3期の募集がスタートしました。…

ワンWEEK副業投資プログラム
ワンWEEK副業投資プログラム【購入レビュー】

「ワンWEEK副業投資プログラム」検証とレビュー 金融業界で20年以上のディーラー経験を持つ「佐藤茂利」氏による「ワンWEEK副業投資プログラム」をレビューします。 「煽り表現」の…

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
【販売終了】7step株式投資メソッドが完全終了します【相場師朗】

『7step株式投資メソッド』が4月25日(水)に販売が完全に終了 当ブログでS評価の『7step株式投資メソッド』が販売を終了することになりました。 販売終了日は、2018年4月…

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その2

【相場師朗】 7step株式投資メソッドを購入した 7step株式投資メソッドの相場師朗について 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その1 7step株式投資メソッド…

月額0円『My投資顧問』
月額0円 My投資顧問【購入レビュー】

『月額0円 My投資顧問』検証とレビュー 投資助言代理業者ではないので注意 商材タイトルは『月額0円 My投資顧問』とあり、あたかも投資助言代理業者(投資顧問業者)のサービスのよう…

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
【相場師朗】 7step株式投資メソッドを購入した

7step株式投資メソッドの相場師朗について 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その1 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その2 7step株式投資メソ…

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
「うねり取り」とは何なのか?本当に優位性のある手法なのか?

60万円を20億円に増やした「うねり取り」 7step株式投資メソッドのレビューを数回に分けてお届けしましたが、そもそも「うねり取り」とは何なのか?今回は相場師朗氏の得意とする「う…

板読みトレードテクニック
板読みトレードテクニック【購入レビュー】

『板読みトレードテクニック』検証とレビュー 「板」とは何か? 株式投資には「板」と呼ばれる情報が存在します。 各銘柄ごとに、売り買いの注文状況(売買意志)をリアルタイムで表示する場…

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
7step株式投資メソッドの実践動画をレビュー

【相場師朗】 7step株式投資メソッドを購入した 7step株式投資メソッドの相場師朗について 7step株式投資メソッドの講義を視聴した感想 その1 7step株式投資メソッド…

専業デイトレーダー育成コース【検証レビュー】
専業デイトレーダー育成コース【検証レビュー】

『専業デイトレーダー育成コース』検証とレビュー 「てつやの株 株式投資錬金術」を販売する株式会社新日本情報システムが、投資スクールの募集をおこなっています。『専業デイトレーダー育成…