大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”

大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは?

別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。

キクチ氏は32歳のサラリーマンだが、すでに資産を2億円にまで拡大している。競馬などのギャンブルが大好きなキクチ氏の投資手法も、かなりギャンブルだ。ハイリスクを取っているからこそ、当たったときのリターンも非常に大きくなるという典型のような手法である。

キクチ氏も以前紹介したwww9945氏と同じように比較的メディアで取り上げられている人物の一人だ。キクチ氏が取り上げられたWEBメディア(ニュース)をピックアップしてみる。

これらの記事を読みだけでも、彼の投資スタイルを理解することができる。

大化けポテンシャルを秘めた【上場ゴール株】を4~5銘柄厳選して分散投資

キクチ氏の投資スタイルを一言で表現するならば、大化けする銘柄(大穴銘柄)を狙う、ということだ。大化けする可能性のある銘柄とは、

  • 上場ゴール銘柄
  • 上場廃止銘柄

の2つ。キクチ氏はこの投資手法を中心に厳選した少数の銘柄に投資をして、2億円もの資産を築きあげた。まさに一点集中、大穴狙いだ。

上場ゴール銘柄とは?

上場ゴール銘柄とは、上場直後(新規公開)に高値をつけて、その後は株価が長期間低迷しているような銘柄のこと。キクチ氏が具体的な銘柄として挙げているのが共同ピーアール【JQ・2436】

例えば共同ピーアール。2006年の上場時に3260円の高値をつけましたが、今は800円前後。(中略)

景気が上向けば仕事が増える。それに東京オリンピックを控えて、新たな需要も発生しそう。そうれなれば上場ゴールの高値まで戻すことも期待できる。

引用:別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」

最近では(株)gumi【3903】などが上場ゴール銘柄といえるだろう。上場後に長期低迷している銘柄を購入して、あとはほったらかし。うまくいけば、株価が10倍〜20倍になる可能性も秘めている。その一方で底値圏のまま推移して倒産…という可能性もゼロではない。

ハイリスク・ハイリターンの投資スタイルだ。

上場廃止銘柄とは?

一方の上場廃止銘柄とは、証券取引所が上場継続不適と判断して証券取引所での取引を終了した銘柄や、廃止直前の銘柄(監理銘柄、整理銘柄)のことだ。上場廃止されても、事業が継続されれば第三者が株を買い取ってくれる可能性が高まる。

キクチ氏は、上場廃止直前の銘柄を厳選して購入し、廃止後の買取価格との価格差を狙っている。

OHTという銘柄はファンドが買い取ってくれ、700万円6000万円になりました。

当たれば大きいまさに大穴銘柄狙いだが、非常にリスキーな手法だ。

ただ、この地合いだと、上場廃止狙いは難しい。今なら上場ゴール株の再燃狙いがいいのでは。

とキクチ氏も語っているように、上場ゴール銘柄に絞って厳選したほうがよいかもしれない。

キクチ氏のスクリーニング法が参考になる

さて、キクチ氏にならって上場ゴール銘柄で大化けを狙うなら、彼のスクリーニング法が非常に参考になる。いくつかチェック項目があり、これらの項目を満たす数が多いほど狙い目の銘柄となる。

・チャートの形が「上場ゴール」
・純資産倍率が低い
・時価総額が50億円以下
・ここ何年か赤字が続いている
・配当・優待を出していない

引用:爆騰株を的中させた「目の付け所」って何だ?(HarvardBusinessonline)

・チャートの形が「上場ゴール」
・PBRが1倍以下
・大株主が大手企業
・オーナーや親会社の保有比率が高い
・株式公開してから10年以内
・時価総額が50億円以下

引用:“ほったらかし”で20倍を狙える株の探し方(HarvardBusinessonline)

どちらもHarvardBusinessonlineの記事だが、この2つをまとめると、

  • チャートの形が「上場ゴール」
  • PBR(株価純資産倍率)が1以下
  • 時価総額が50億円以下
  • ここ何年か赤字が続いている
  • 配当・優待を出していない
  • 大株主が大手企業
  • オーナーや親会社の保有比率が高い
  • 株式公開してから10年以内

特に以下の項目は2つの記事でダブっている項目ですので重要と思われる。

  • チャートの形が「上場ゴール」
  • PBR(株価純資産倍率)が1以下
  • 時価総額が50億円以下

チャートの形が「上場ゴール」とは、以下の様なチャートを指す。

共同ピーアール_株_【2436】:株式_株価_-_Yahoo_ファイナンス
出典:ヤフーファイナンス

上記のチャートは共同ピーアール(株)【JQ・2436】だ。

キクチ氏がおすすめする銘柄

別冊SPA!特集記事でキクチ氏がおすすめしている銘柄は以下の3つ。

  • 共同ピーアール(株)【JQ・2436】
  • (株)小田原機器【JQ・7314】
  • (株)山王【JQ・3441】

その他のメディアでキクチ氏がおすすめしている銘柄もピックアップしておこう。

  • 大崎エンジニアリング(株)【JQ・6259】
  • (株)ディジタルメディアプロフェッショナル【3652】
  • アイティメディア(株)【2148】

ほったらかしで大穴を狙うならば、キクチ氏の手法を検討してみてもよいかもしれない。ただ、かなりハイリスクであることは心に留めておく必要があるだろう。

 よく読まれている記事

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める
自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

年金というのは生きるリスクに対してかける保険だ 「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と語るのは竹中平蔵氏。言われてみればすごく当たり前のことですが、妙に腑に落ちる言葉…

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている
「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている 最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。 ラップ口座、陰る成長 運用苦戦で細る資金流入 ラップ口座残高4年ぶり減 6月末 …

【誰でもできる】確率(50%以上)で億万長者になる方法
【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

「はい、億万長者(1億)の出来上がり」田畑信太郎 LINE株式会社の上級執行役員である田端信太郎氏は、なにかと波紋を広げるツイートを呟くことで有名ですね。 @tabbata それだ…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
投資で儲けたいなら”勉強”するな

投資で儲けたいなら”勉強”するな 漫画『インベスターZ』の作者である三田紀房さんが面白いことを語っています。インベスターZとはモーニングで連載中の投資漫画です。 漫画『インベスター…

なぜ人は「金の投資詐欺」に簡単にダマされるのか?
老後崩壊(下流老人)は他人ごとではない

”老後崩壊”と”下流老人” 今回も未読雑誌からのピックアップです。週刊東洋経済(2015年8月29日号)の表紙は衝撃的です。『下流老人 貧困、病気、孤独…老後転落に備えよ』ショッキ…

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知ですか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロ…

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?
資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは? 年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を…

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 過去に何度も記事にした200億超の投資家です。 伝説の株式投資家cis(資産200億円…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3
漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

買っていい株 ダメな株 今回(2015年4月25日号)の週刊東洋経済の見出しはインパクトがあります。『特集 買っていい株 ダメな株』というタイトルです。 週刊東洋経済(Amazon…