伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

資産200億円投資家cisに迫る

伝説の株式投資家cis(資産200億円)についてわかっていること

数日で40億を稼いだcisがブルームバーグに取材された

cis氏をご存知でしょうか。200億円投資家であり、たびたびネットやメディアを賑わせてきた神トレーダーとして有名ですね。

そんなcis氏の活躍がブルームバーグ(Bloomberg L.P.)に取り上げられました。ブルームバーグといえば金融業界の報道を手がけるアメリカの大手情報会社です。

ブルームバーグにcis氏がピックアップ記事がこちら。

多くの投資家が市場の混乱に慌てふためいていた8月24日、先物売りに大量の資金を投じた日本人デイトレーダーは底値をほぼ完璧に見極めていた。さらにツイッターで4万人のフォロワーに対し、打つ手を次々発信していた。持ち高を手じまった時には40億円の利益を得ていたという。

今週は金融市場が混乱し、多くの投資家が慎重になるか、まひすることさえあった。ネット上のハンドルネームがCIS(シス)で知られるこの36歳は違った。

(中略)

CISは日経平均の指数先物が下がると読み、8月中旬から同先物を売っていた。24日の後場終了までに含み益は15億8000万円余りに上っていた。さらに持ち高を積み増した。その晩、米国市場は取引開始後に急落。利益を確定させ、儲けは2倍に膨らんでいた。

(中略)

大きな賭けだった。名目上の評価で1枚約1900万円の板が1500枚、つまり日経平均の下落に約290億円を投じたということだ。同指数が100円動くたびに1億5000万円勝つか負けるかというポジションだ。

市場は数日間、大きな動きがなかった。CISはビデオゲームをして時間をつぶしていた。21日、相場が下がった。週明け24日には日経平均は過去2年で最大の下げとなり、先物は1000円以上値下がりし、1万8410円となった。午後3時の取引終了時には15億8000万円余りの含み益を抱えていた。

(中略)

喫茶店でのCISは、24時間で何十億円も稼いだ男には不釣り合いな冷静さを保っていた。本人にとっては今年の数多くの取引の一つにすぎないからだろう。

「負けている時はあまりつぶやかないので、勝っているときに言いたくなる」とCISは笑いながら話した。

引用:謎の36歳デイトレーダーの読み的中-市場パニックで利益40億円 (1)

記事が長いので、cis氏のトレードを要約します。

  • 8月12日から日経平均の先物指数の下落を読み、先物売りを継続的に仕掛ける。
  • 12日初日に200枚、1周間で1300枚の先物売りを仕掛ける。金額にして約290億円。
  • 8月24日15時の時点で含み益は15億8000万円
  • その後も先物売りの積み増し(100枚)をおこない、夜間に一旦利益を確定させる。その時点での利益は約33億円
  • 8月25日に相場の底打ちを予測し、戻り(リバウンド買い)を970枚(173億円)仕掛ける。この読みがズバリ的中する。
  • 25日午後にすべての買い持ちを解消する。
  • 最終的な利益は40億円となる。

お盆前から仕掛けていたことがわかりますが、それにしても神がかっています。真似できる人などいないでしょうね。

お盆前には計1500枚、つまり290億円もの先物売りを仕掛けています。1500枚(1枚=1900万円、合計290億円)の先物売りを仕掛けたということは、日経平均指数が100円変動すれば、1億5000万円のお金が動く計算です。

当時の相場は、100円の変動幅など普通に起きていましたね。100円上がれば1億5000万円の含み損を抱えることになります。300円上昇すれば4億5000万円の含み損です。

24日の時点で33億円もの利益を確定させた後に、今度は買いで仕掛けるという大胆さ。その読みも的中。結果的に買いでも7億円以上の利益を確定させたCIS氏。

cisとは何者なのか?

「cisって誰?」と思った方もいるかもしれません。最近株式投資を始めた方には馴染みのない人物です。

cis氏の株式投資歴は10年以上あり、当時から2ちゃんねるでは有名なトレーダーです。ジェイコム男(B.N.F氏)とならび、日本で最も有名な株式トレーダーの一人といえます。今ではWikipediaでも掲載されるほどの有名人です。

来歴

大学3年生だった2000年に104万円の元手で株式投資を始める。トレードスタイルは、デイトレードやスイングトレードと呼ばれる短期取引手法。
2005年にジェイコム株大量誤発注事件で、ジェイコム株をストップ安で3300株購入し10分後に売却、約6億円の利益を得る。
2011年11月10日、フジテレビ系列の番組「笑っていいとも」に「株で100億円儲けた男」として出演。

資産の動向
cisの資産動向

出典:Wikipedia

ジェイコム株大量誤発注事件といえば、B.N.F氏の活躍が有名ですが、その裏ではcis氏もしっかりと利益をあげています。

cis氏が笑っていいともに出演したときの動画がYouTubeにアップされていたので貼っておきますね。

33歳で200億円の資産家となったcis

現在33歳のcis氏、今後もなにかやってくれそうな予感がします。cis氏のTwitterアカウントはこちら。

関連記事:

 よく読まれている記事

「小口ラップ口座」が個人のお金を虎視眈々と狙っている
「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている

「小口ラップ口座」があなたのお金を虎視眈々と狙っている 最近ニュースでよく耳にする「ラップ口座」。 ラップ口座、陰る成長 運用苦戦で細る資金流入 ラップ口座残高4年ぶり減 6月末 …

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行
「破綻する破綻する詐欺」のドイツ銀行

破綻危機にあると言われるドイツ銀行。 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」 【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める? 連日のニュースであれほど「破綻す…

老後崩壊と下流老人
高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は61,560円

高齢世帯の家計は毎月7万円の赤字であるという”事実” 総務省統計局が発表している家計調査報告によれば、高齢夫婦(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の毎月の赤字額は、▲…

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”
大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは? 別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。 キクチ氏は32歳のサラリーマンだ…

【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める
【ドイツ危機】集団訴訟がドイツ銀行の息の根を止める?

「1.4兆円?払えるわけないだろう!」ドイツ銀行 「国民は10日間の食糧や5日分の水、現金を準備せよ!」にて、ドイツの異変をお伝えしました。ドイツ政府が国民に対して非常事態宣言を出…

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です…

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める
自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

年金というのは生きるリスクに対してかける保険だ 「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と語るのは竹中平蔵氏。言われてみればすごく当たり前のことですが、妙に腑に落ちる言葉…

10月4日は投資の日だって知ってた?
10月4日は投資の日だって知ってた?

10月4日は投資(10+4)の日だって知ってた? 先日、10月4日は投資の日(語呂合わせ)だとして、日本証券業協会が投資キャンペーンをおこないました。以下は東京MXTVのニュースで…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”が語る「大化け銘柄選定と集中投資の重要性」とは?

独学で60万円の元手をわずか7年で3億円にした「億り人」現る やはり株は成功すると大きいですね。わずか7年で60万円の元手を3億円にまで拡大させた強者がいます。堀哲也氏です。 彼は…

君は「闇株新聞」を知っているか?
君は「闇株新聞」を知っているか?

君は「闇株新聞」を知っているか? 名前からしておどろおどろしい「闇株新聞」。業界ではかなり有名なサイトであり、様々なメディアにも寄稿しているので見聞きしたことのあるかもしれません。…

独学で60万円を7年で3億円にした”億り人”現る
「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへ

片山晃氏の華麗な「イナゴ投資法」 このブログでも取り上げた「勝つ投資 負けない投資」の著者である片山晃氏がネットを久しぶりに賑わせています。 「勝つ投資 負けない投資」低評価レビュ…