自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

年金というのは生きるリスクに対してかける保険だ

「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と語るのは竹中平蔵氏。言われてみればすごく当たり前のことですが、妙に腑に落ちる言葉です。

竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済閣僚として様々な構造改革を断行したことで一躍有名になった人物です。小泉純一郎氏とともに郵政民営化の立役者ともいわれていますね。

そんな竹中平蔵氏のインタビューがBLOGOSに掲載されています。このインタビューが非常に面白かったので、是非読まれることをおすすめします。

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

年金を「生きるリスクに対してかける保険」であると述べてるのが印象的ですね。

一般的な考え方としては、年金は老後の生活をサポートするための社会保障というもの。65歳になれば誰でももらえて、死ぬまでの生活費の足しにするというイメージです。

一方で、竹中氏は、「自分で生きつもりの年齡分は、自分で貯めろ!」と語っています。そこから「死ぬと思っていた年齡以上に生きてしまったときのために、年金はあるのだ!」という主張につながる。自分が生きようと考えている年齡分の生活費は自分で貯めておき、そこから先は年金でカバーするという考え方です。

賛否両論あると思いますが、「年金は保険と同じ」という考え方が非常に新鮮に思えました。

老後を十分に過ごせるだけの金融資産を持っていても年金はもらえるという違和感

老後を十分に過ごせるだけの大金(金融資産など)を持っている老人ですら、65歳をすぎれば誰でも一律、年金は支払われます。ここに違和感を感じる人は多いと思います。

竹中平蔵氏の主張するように、「年金は保険と同じ」という発想で考えるならば、そもそも老後を楽に過ごせるだけのお金を持っている老人には払うべきではないでしょう。保険は”不測の事態”にこそ使われるべきです。

”不測の事態”とは、自分が想像していた以上に生きてしまった場合です。

不測の事態にこそ年金が活きてくる

老後に必要な資金を計算することは無駄ではないし、意味はあります。しかしその計算には一つの矛盾が潜んでいます。

たとえば90歳まで生きるための必要な老後資金が3000万円だったとします。そして現役時代に頑張って3000万円を貯めたとしましょう。ところが、その3000万円は90歳で底をつきます。90歳を超えて生きれば、結局生活保護に頼らざるを得なくなるのです。では100歳までの生活費を貯めたとしたら?それでも101歳になればお金はゼロです。

つまりどれほど老後資金の計算をしようが、自分が想定した年齡以上に生きてしまえば、お金はなくなってしまうということです(大金持ちは別)。

だからこそ、その「余計に生きた(=不測の事態)」ときの生活費をサポートするために年金が使われるべきだ、というのが竹中氏の主張です。

自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める

裏を返せば、自分が90歳まで生きると思ったら90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ、ということ。まさに自己責任が大好きな竹中平蔵氏ならではの考え方ですね。

自分が生きる分だけのお金を自分で貯めることは、簡単ではありません。まずは自分は何歳まで生きるのか?決める必要があります。85歳なのか?90歳なのか?いやいや自分は100歳まで生きる!という人もいるでしょう。

そしてそこから逆算して必要なお金をためていくことが求められます。

投資を学び実践するということは、極力国に頼らずに自分の足で立つ(つまり経済的自由を得る)ための第一歩であると私は考えます。なぜなら給与所得だけでは老後を人間らしく生きることが困難だからです。

竹中氏の言うように、「自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める!」と胸を張って生きていきたいと思う今日このごろです。

 よく読まれている記事

【誰でもできる】確率(50%以上)で億万長者になる方法
【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

「はい、億万長者(1億)の出来上がり」田畑信太郎 LINE株式会社の上級執行役員である田端信太郎氏は、なにかと波紋を広げるツイートを呟くことで有名ですね。 @tabbata それだ…

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いはず。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディア…

【10億円】圧倒的な底値を探り資産10億円を達成して「自由億」へ・・・

【自由億】資産10億円を達成した株トレーダーにつけられる”称号” 最近ネット界隈で「自由億」というフレーズを頻繁に目にするようになりました。 自由億とは「資産10億円を達成した株ト…

お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功
お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が7営業日で資産を20%増やすことに成功

「ガリガリガリクソン」7営業日で資産を20%増やすことに成功 以前、お笑い芸人の「ガリガリガリクソン」が株トレードを始めたと記事にしました。 お笑い芸人「ガリガリガリクソン」が株投…

会社四季報の読み方
『会社四季報』完読の達人が教える「お宝銘柄はこう探せ!」

”四季報完読”の達人が教える”お宝銘柄はこう探せ!” 今回も週刊東洋経済の特集記事をレビューします。 週刊東洋経済(Amazon) 四季リサーチ代表取締役渡部清二氏による会社四季報…

慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき
慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき

「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」 「慎重であれ、始めるならしっかり勉強すべき」このフレーズは誰の言葉かご存知ですか? 賢人ウォーレン・バフェット?それともジョージ・ソロ…

老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)
老後に必要な預貯金2875万円(前年比▲312万円)

老後に必要とされる預貯金は2875万円 京都中央信用金庫による「豊かな人生を考える」調査結果で、老後に必要な預貯金額が発表されました。前年調査と比べて312万円減の2875万円です…

億超えトレーダー
億超えトレーダーが語る「ここまで稼いだ技」

億超えトレーダーの手法を知りたい 別冊SPA!(2015年5月22日発行)に興味深い記事が載っていたので、レビューします。 30代~40代「格差社会を勝ち抜く裏の道」読本 (別冊S…

投資で儲けたいなら”勉強”するな
「2004年度長者番付」の第1位が年収99億円のサラリーマン

2004年の長者番付、見てみたい? 長者番付が廃止されたのは2006年です。2005年までは毎年発表されていました。長者番付=正式には高額納税者公示制度(高額納税者を公示する制度)…

資産20億円時代の片山晃
【動画あり】資産100億円 片山晃の密着取材映像

資産20億円時代の片山晃氏(現在の資産は100億円) 「ネトゲ廃人」から資産100億円のお金持ちへでも取り上げた片山晃氏の、若かりし頃(資産20億円時代)の動画を見つけたので紹介し…

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?
資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは?

資産1億5000万円!年間配当収入300万円を実現したサラリーマン投資家が実践してきた「○○銘柄への投資」とは? 年収500万円サラリーマンがわずか13年で1億5000万円の資産を…

ドイツ銀行破綻危機
個人投資家cisが先日の大暴騰(21年ぶりの上げ幅)で15億の損失

個人投資家のcis氏が日経225先物&OPで15億円を失う 先日の大暴騰は今年一番の上げ幅を記録しましたね。前日比1343円43銭(7.71%)高です。今回の爆上げは、個人投資家を…