自分が90歳まで生きると思ったら、90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

自分の生きる分は、自分で責任を持ってお金を貯める

年金というのは生きるリスクに対してかける保険だ

「年金というのは、生きるリスクに対してかける保険」と語るのは竹中平蔵氏。言われてみればすごく当たり前のことですが、妙に腑に落ちる言葉です。

竹中平蔵氏は小泉政権時代に経済閣僚として様々な構造改革を断行したことで一躍有名になった人物です。小泉純一郎氏とともに郵政民営化の立役者ともいわれていますね。

そんな竹中平蔵氏のインタビューがBLOGOSに掲載されています。このインタビューが非常に面白かったので、是非読まれることをおすすめします。

年金というのは、生きるリスクに対してかける保険。「90歳まで生きるつもりでそこまでのお金を貯めていたけど、100歳まで生きちゃった」というリスクにかける保険です。

年金を「生きるリスクに対してかける保険」であると述べてるのが印象的ですね。

一般的な考え方としては、年金は老後の生活をサポートするための社会保障というもの。65歳になれば誰でももらえて、死ぬまでの生活費の足しにするというイメージです。

一方で、竹中氏は、「自分で生きつもりの年齡分は、自分で貯めろ!」と語っています。そこから「死ぬと思っていた年齡以上に生きてしまったときのために、年金はあるのだ!」という主張につながる。自分が生きようと考えている年齡分の生活費は自分で貯めておき、そこから先は年金でカバーするという考え方です。

賛否両論あると思いますが、「年金は保険と同じ」という考え方が非常に新鮮に思えました。

老後を十分に過ごせるだけの金融資産を持っていても年金はもらえるという違和感

老後を十分に過ごせるだけの大金(金融資産など)を持っている老人ですら、65歳をすぎれば誰でも一律、年金は支払われます。ここに違和感を感じる人は多いと思います。

竹中平蔵氏の主張するように、「年金は保険と同じ」という発想で考えるならば、そもそも老後を楽に過ごせるだけのお金を持っている老人には払うべきではないでしょう。保険は”不測の事態”にこそ使われるべきです。

”不測の事態”とは、自分が想像していた以上に生きてしまった場合です。

不測の事態にこそ年金が活きてくる

老後に必要な資金を計算することは無駄ではないし、意味はあります。しかしその計算には一つの矛盾が潜んでいます。

たとえば90歳まで生きるための必要な老後資金が3000万円だったとします。そして現役時代に頑張って3000万円を貯めたとしましょう。ところが、その3000万円は90歳で底をつきます。90歳を超えて生きれば、結局生活保護に頼らざるを得なくなるのです。では100歳までの生活費を貯めたとしたら?それでも101歳になればお金はゼロです。

つまりどれほど老後資金の計算をしようが、自分が想定した年齡以上に生きてしまえば、お金はなくなってしまうということです(大金持ちは別)。

だからこそ、その「余計に生きた(=不測の事態)」ときの生活費をサポートするために年金が使われるべきだ、というのが竹中氏の主張です。

自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める

裏を返せば、自分が90歳まで生きると思ったら90歳まで生きる分のお金を自分で貯めておけ、ということ。まさに自己責任が大好きな竹中平蔵氏ならではの考え方ですね。

自分が生きる分だけのお金を自分で貯めることは、簡単ではありません。まずは自分は何歳まで生きるのか?決める必要があります。85歳なのか?90歳なのか?いやいや自分は100歳まで生きる!という人もいるでしょう。

そしてそこから逆算して必要なお金をためていくことが求められます。

投資を学び実践するということは、極力国に頼らずに自分の足で立つ(つまり経済的自由を得る)ための第一歩であると私は考えます。なぜなら給与所得だけでは老後を人間らしく生きることが困難だからです。

竹中氏の言うように、「自分の生きる分は自分で責任を持ってお金を貯める!」と胸を張って生きていきたいと思う今日このごろです。

 よく読まれている記事

松居一代さんの投資手法が気になる
松居一代さんの投資手法が気になる

投資歴は30年以上 メディアを賑わせている松居一代さん。 彼女が株で億を稼いでいることを知っている人も多いはず。トランプ相場に乗ったとか、アベノミクスの恩恵にあずかったなどメディア…

相場ゼミ第3期【検証とレビュー】その3
漫画『インベスターZ』で学ぶ投資心得とは?

買っていい株 ダメな株 今回(2015年4月25日号)の週刊東洋経済の見出しはインパクトがあります。『特集 買っていい株 ダメな株』というタイトルです。 週刊東洋経済(Amazon…

億り人11人の手法を知りたいならいますぐ本屋へ
「億り人11人」の手法を知りたいならいますぐ本屋(Amazon)へ

11名もの億り人が登場 のダイヤモンド・ザイ8月号の特集が興味深いです。タイトルは「株で1億円を作る!10倍株の見つけ方&注目の大化け期待株」。億り人11人にインタビューし、彼らの…

【誰でもできる】確率(50%以上)で億万長者になる方法
【誰でもできる】50%以上の確率で億万長者になる方法

「はい、億万長者(1億)の出来上がり」田畑信太郎 LINE株式会社の上級執行役員である田端信太郎氏は、なにかと波紋を広げるツイートを呟くことで有名ですね。 @tabbata それだ…

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”
大穴銘柄のみ狙い撃ちして【資産2億円】を築いた株式トレーダーの手法を解説

資産2億円サラリーマン投資家”キクチ氏”とは? 別冊SPA!特集記事「億超えトレーダーが語るここまで稼いだ技」の中から、キクチ氏の手法を紹介する。 キクチ氏は32歳のサラリーマンだ…

口座残高がなくなると死ぬしかない
口座残高がなくなると死ぬしかない

瞬間最大風速だと150億円を超えましたけど。 天才個人投資家の名をほしいままにするcis氏。 過去に何度も記事にした200億超の投資家です。 伝説の株式投資家cis(資産200億円…

分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)
分散投資で1億円達成した一児の母(46歳)

分散投資で「億り人」へ NIKKEI STYLEに分散投資で1億円を達成した46歳の主婦がピックアップされていました。「日経ヴェリタス」のコラム”七転び八起き”にて掲載されている記…

「勝つ投資 負けない投資(著:片山晃)」
「勝つ投資 負けない投資」低評価レビューに対する個人情報開示請求の”是非”

現在も荒れ放題の「勝つ投資負けない投資」Amazonレビュー欄 片山晃氏執筆の「勝つ投資 負けない投資」のAmazonレビュー欄が未だに荒れていますね。 「勝つ投資 負けない投資」…

「株ドカン」の真の価値は毎日配信される”市況レポート”にある
上場ゴール株投資で70万円を2億9000万円にした 32歳サラリーマン

キクチ氏の資産が「2億円」から「3億円」に増えていた 32歳のキクチ氏がザイ・オンラインに再び登場。キクチ氏の投資法については以前も記事にしました。 大穴銘柄のみ狙い撃ちして資産2…

会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?
会社員でも「株で1億円達成」の秘訣とは?

某機関投資家で働く会社員投資家「まつのすけ」さん サラリーマンの「まつのすけ」さんは、サラリーマンであるにもかかわらず30代で総資産1億円を達成した「億り人」です。 彼のブログ・T…

ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?
【動画あり】ガソリンスタンド店員が株式投資で9億円の資産を築いた方法とは?

労働者階級が9.5億円もの資産を築いた方法 2014年6月に92歳で亡くなったロナルド・リード氏。彼が死後に世間を驚かせたのは、その資産額です。なんと800万ドル(当時の円換算で9…

「投資」と「ギャンブル」の違い
株にギャンブル要素があるからこそ誰でも「億り人」になれるチャンスがある

投資も投機もギャンブルもみんないっしょ? 「僕は愛を証明しようと思う」や恋愛工学でおなじみの藤沢数希氏が、「金融日記」の過去記事で面白いことを述べています。 「投資」と「投機」の違…